December 22, 2017 / 7:32 AM / 6 months ago

シュッピン Research Memo(9):現在の会社予想は控え目で、上振れか否かではなく、上振れ度合いが焦点に


*16:26JST シュッピン Research Memo(9):現在の会社予想は控え目で、上振れか否かではなく、上振れ度合いが焦点に
■今後の見通し

2018年3月期通期についてシュッピン3179は、売上高28,429百万円(前期比13.7%増)、営業利益1,402百万円(同27.8%)、経常利益1,387百万円(同28.6%増)、当期純利益950百万円(同28.2%増)を予想している。同社は2017年10月の第2四半期見通しの上方修正に際して通期見通しは据え置いたため、これらの数値は期初から変更はない。

弊社では2018年3月期見通しについて、現在の会社予想は控え目に過ぎ、これを上回って着地する可能性が高いと考えている。なお、計画以上に買取・販売が伸びていることで、投資額としては大きなものではないが、当初来期以降に予定していたバックヤード(事務所スペース)の増床等を前倒しで実施していく必要はあるとの説明が第2四半期決算説明会でされている。今第2四半期の進捗率が高かった結果、通期の業績予想を達成するために必要な今下半期のハードルは大きく下がっている。今下半期の業績が上半期(第2四半期)対比で減収減益になっても十分達成できる形になっている。しかしながら個人消費者を顧客とする同社の事業においては年末商戦を含む下半期こそが需要期であり、よほどのことがなければ下半期が上半期比減収減益となることは考えにくい。

前述のように、同社は売上高の成長に向け、One-To-Oneマーケティングを始めとする各種施策を打ってきているが、これらは想定以上の効果を上げている状況だ。費用の面でも、販管費のコントロールは十分に成されており、期を追って対売上高比率が低下してきている。売上高が伸びればそれに伴って利益もおのずと付いてくると期待される。会社予想に対して上振れになるかどうかよりも、どの程度上振れとなるか、に投資家の焦点は移ってくることになるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below