December 22, 2017 / 8:17 AM / 6 months ago

アイ・アールジャパンホールディングス---ラジオNIKKEIマーケットプレス12月21日放送


*17:10JST アイ・アールジャパンホールディングス---ラジオNIKKEIマーケットプレス12月21日放送
ラジオNIKKEIマーケットプレスの『フィスコ presents 注目企業調査レポート』12月21日放送において、アイ・アールジャパンホールディングス6035を取り上げている。主な内容は以下の通り。

実質株主判明調査、プロキシー・アドバイザリー、投資銀行業務を中核とするIR・SRコンサルティング企業アイ・アールジャパンホールディングスは、2008年4月に現代表取締役社長・CEOの寺下史郎(てらしたしろう)氏がMBOを実施し、新生アイ・アールジャパンとして活動を開始しました。2011年3月18日にJASDAQ市場に上場しました。2015年2月には、単独株式移転により株式会社アイ・アールジャパンを完全子会社とし、持株会社であるアイ・アールジャパンホールディングスが東証JASDAQ市場に上場、2017年6月6日に東証2部へステップアップしました。主力ビジネスであるSRコンサルティング業務が安定的に推移し、注力している投資銀行業務の案件が着実に増加しており、今後の大きな柱となるでしょう。

2018年3月期第2四半期累計の売上高は、22億6200万円、営業利益は8億円、経常利益は8億100万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は5億4000万円と増収増益を達成しました。通期の予想として、売上高は41億万円、営業利益は11億円、経常利益は11億円、親会社株主に帰属する当期純利益は7億2500万円としています。実質株主判明調査を含むSRコンサルティング、投資銀行業務が貢献、コーポレートガバナンス関連のコンサルティングとして取締役会評価の受注の増加、独立社外役員に対するニーズが増加し、今後とも、全体の収益性が向上していく傾向があります。

ラジオNIKKEI マーケットプレス
「フィスコ presents注目企業調査レポート」毎週月・木曜14:30~14:45放送


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below