December 25, 2017 / 7:27 AM / 9 months ago

ダイナムジャパンHD Research Memo(5):店舗数の拡大と既存店売上高の拡大の2つが成長戦略の中心軸


*16:20JST ダイナムジャパンHD Research Memo(5):店舗数の拡大と既存店売上高の拡大の2つが成長戦略の中心軸
■中長期の成長戦略

2. 成長戦略の基本的な考え方
ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は店舗数で国内トップの地位にある。国内1,000店舗体制を長期目標に掲げ、店舗数の拡大による成長を目指している。しかしここ数年は、同社の出店基準に合致した物件が少なくなってきており、既存店の収益拡大による成長にも注力している。

同社の成長戦略は従来からの店舗数の増大による成長という軸に、既存店売上高の拡大というもう1つの軸が加わり、2つの軸で構成されていると言える。成長戦略として2つの軸の双方が同様に重要であることは言うまでもない。業界を取り巻く事業環境や競合他社の状況に応じて、柔軟に成長戦略を使い分けていくことがポイントになると考えている(同社が店舗網を拡大する際の出店モデルの詳細や、既存店売上高の拡大のための取り組みの詳細は、過去のレポートに詳しい)。

ここ数年は個々の店舗の収益力強化に努めてきた同社だが、ここからは再び店舗拡大による成長に軸足を移す可能性が出てきた。規制強化によって事業環境が一段と厳しくなり、業界再編が本格化する可能性が出てきたためだ。規制の強化は同社にとってもマイナス要因であるが、前述のように、同社はそうした逆風への耐性が他社よりも高いと考えられる。そうした強い企業体質・企業体力を生かして、規制強化という逆風を、同社の成長を加速させる触媒へと転用することは十分可能だと弊社では考えている。

そうしたシナリオを裏付ける材料は十分に存在している。同社の経営施策や経営判断のベースに存在しているのがチェーンストア理論であり、それに基づくローコストオペレーションのノウハウだ。その積み重ねの結果として、同社は厳しい事業環境下の現在でも年間30,000百万円前後のEBITDAを確保できている。これは同社の成長戦略を実現するのに十分な原資であると弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below