December 25, 2017 / 7:27 AM / a year ago

ダイナムジャパンHD Research Memo(6):2018年2月施行予定の新規則で、業界は転換期を迎える可能性


*16:21JST ダイナムジャパンHD Research Memo(6):2018年2月施行予定の新規則で、業界は転換期を迎える可能性
■ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>の中長期の成長戦略

3. 2018年に予想される業界環境の変化
パチンコ・パチスロ業界が現在直面する最大の問題は、2018年2月に施行予定の新規則だ。大まかな内容は、1)出玉率の上限を現行の約3分の2に規制、2)大当たり1回当たりの出玉数が現行の約3分の2に規制、というもので、射幸性に対する規制の一環と言える。

射幸性については、2016年に機械の大当たり確率の引き上げが実施され、最も大当たり確率が低い(すなわち射幸性が高い)1/400機が姿を消して1/320機が最も射幸性が高い機種となった。パチンコ・パチスロが、ハイリスク・ハイリターンのギャンブル性の高いものからミドルリスク・ミドルリターンの遊びになったということだ。今回の出玉に対する規制の結果、さらにこの傾向が進んでいくものと予想される。

2016年の規制ではホール業界の自主規制もあり、射幸性が高い機械の入れ替えを迫られたが、2018年2月の規制では現行機種について、認定を取得すれば最大3年間(2021年1月31日まで)使用を継続できることになっている。認定取得には費用(1台当たり約1万円のイメージ)がかかるものの、新規則施行に伴い短期間で設備投資負担が発生するものではなく、新規則に対応した機械への入れ替えは緩やかに行われるものと見られる。

このため現時点で新規則の業績への影響を予測することは難しく、業界動向には今後も注意を払う必要がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below