December 25, 2017 / 7:32 AM / 24 days ago

ダイナムジャパンHD Research Memo(9):下期の季節性を考慮すれば、前期比増益は視野に入ってきた


*16:29JST ダイナムジャパンHD Research Memo(9):下期の季節性を考慮すれば、前期比増益は視野に入ってきた
■業績動向

2. 2018年3月期の考え方
ダイナムジャパンホールディングス<06889/HK>は業績予想を公表していないため、弊社では一定の条件を設定して独自にシミュレーションを行った。2018年3月期通期については、期初時点において、通期の貸玉収入809,599百万円、営業収入157,872百万円と予想した。

利益については、2018年3月期は店舗が5店舗(約1%)増加するが、店舗当たりの費用の削減効果によって、総費用を前期比横ばいもしくは減少に抑制することは充分可能であると考え、費用総額が前期比横ばいだと仮定した場合、前述の営業収入予想から求めた営業利益は16,902百万円(前期比6.3%増)となると予想した。(これらシミュレーションの詳細は2017年6月29日付レポートを参照)

前述のように、今第2四半期実績を見ると、貸玉収入は弊社の想定よりも厳しい実績となったが、営業収入と営業利益については、同社の費用削減努力が想定を上回ったため、前年同期比で営業増益を達成した。

パチンコホールの業界は、年末年始の需要があるため、下半期の業績が上半期に比べて偏重となる傾向がある。この点を考慮すれば、通期ベースでも同社が営業増益を確保する可能性は十分あると弊社では考えている。

出店計画については、今下期は新規出店1店舗を計画している。通期ベースでは新規出店6店舗、閉店1店舗の純増5店舗となり、2018年3月末に451店舗に達すると見込まれるなか、設備投資(新規出店)の状況から、今下期もキャッシュフローは潤沢な状態が続くと見込まれる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below