December 27, 2017 / 7:26 AM / 6 months ago

リソル Research Memo(6):ターニングポイントごとに業容を拡大


*16:22JST リソル Research Memo(6):ターニングポイントごとに業容を拡大
■業績動向

1. ターニングポイント
リソルホールディングス5261の歴史の中で、ターニングポイントが3回あったと考えられる。1回目はバブル崩壊後で、ホテル運営とゴルフ場運営に業態を大きく転換したこと。その後の経済のサービス化の流れに沿ったものと言える。2回目は親会社であったミサワホームのグループから離れ三井不動産の関連会社になったこと。三井不動産ブランドは強力で、業務資本提携後に運営するホテルやゴルフ場が急増している。3回目は2000年当時より将来を見据えて会社更生スポンサーとして運営していた日本土地改良株式会社(現・リソル生命の森株式会社)が2011年に更生手続を早期終結した時点である。「リソル生命の森」を手に入れ、その後投資ができるところまで再建を完了したことは、同社の長期目標へむけて大きな弾みとなっていると捉えることができる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田 仁光)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below