December 27, 2017 / 8:45 AM / 23 days ago

東京センチュリー---インドネシアの電子マネー・ポイントサービス運営会社へ追加出資


*17:43JST 東京センチュリー---インドネシアの電子マネー・ポイントサービス運営会社へ追加出資
東京センチュリー8439は26日、インドネシア大手財閥リッポー・グループ(以下、Lippo)傘下で、「OVO」のブランド名で運営する電子マネー・ポイントサービス事業会社の持株会社PT. Bumi Cakrawala Perkasa(以下、BCP)に対して追加出資を行ったと発表。これに伴い、東京センチュリーからの出資金総額は約US1億1,600万ドルとなった。

インドネシアは人口約2.6億人を有し、かつ若年層の比率が高い。一方、銀行口座保有率は約4割、クレジットカード保有率は約1%と言われており、スマートフォンを利用した電子決済の利用が急速に普及している。今後、BCPはLippoが保有するリテール、不動産、IT・メディア、病院、金融等の事業における顧客基盤を活用し、事業展開をしていく予定。

東京センチュリーは2016年11月にLippoと戦略的パートナーシップ協定を締結。第一弾として同年12月にB to G、B to Bのeコマース事業会社の持株会社であるPT. Big Ecommerce Bersamaに対して約US1,700万ドルの出資を行っている。

同社は引き続き、出資を完了した2社の企業価値を高めるとともに、電子マネーの利用者および加盟店、eコマースサイトのサプライヤー向けに、「OVO」に集積されるビッグデータを活用したファイナンス事業会社の設立を検討しており、Lippoと協働して更なるフィンテック事業の拡大を目指す考え。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below