December 28, 2017 / 7:02 AM / 6 months ago

Mipox Research Memo(5):2018年3月期は増益見込みだが、将来の成長に向けての基礎固めの位置付け


*15:56JST Mipox Research Memo(5):2018年3月期は増益見込みだが、将来の成長に向けての基礎固めの位置付け
■今後の見通し

● 2018年3月期の業績見通し
(1) 損益見通し
Mipox5381の2018年3月期通期の連結業績は、売上高で前期比24.8%増の8,000百万円、営業利益で同100.9%増の448百万円、経常利益で同179.9%増の417百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で306百万円(前期は147百万円の損失)と予想されており、期初予想と変わっていない。

当初同社では、2018年3月期に2ケタ(10%以上)の営業利益率回復を見込んでいたが、成長スピードを緩め、将来の成長シナリオ実現のために基礎固めの年度と位置付けている。そのため、営業利益は前期比では倍増が見込まれるが、利益率の水準はまだ低位にとどまる予想となっている。ただし、上半期に450百万円の売上高を達成した受託事業の売上高を通期でも480百万円との予想に止めており、増額修正の余地はありそうだ。

また日本研紙との関係では、前期に引き続き「人材交流」、「無駄の排除」、「システム環境の整備」、「働き方改革」等の取り組みを進め、収益改善を図る方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below