December 28, 2017 / 7:32 AM / a year ago

イーストン Research Memo(3):重点取り組み項目は期初から不変。各項目別売上高計画は中間期実績を踏まえて微


*16:27JST イーストン Research Memo(3):重点取り組み項目は期初から不変。各項目別売上高計画は中間期実績を踏まえて微
■中長期の成長に向けた重点取り組みと進捗状況

1. 2018年3月期の取り組みの全体像
ルネサスイーストン9995は2018年3月期の期初に当たり、仕入先及び製品分野ごと・販売ルートごとに重点的に取り組む5つの項目を掲げた。ルネサスエレクトロニクス製品でのデザイン-イン活動への取り組みや、新規ビジネス品における利益率向上に向けたシステムソリューション提案は従来から継続する重要なテーマだ。

また、今期に入って新しくIoT/ADAS(先進運転支援システム)技術の取り組みとワンストップソリューションの強化が打ち出された。IoTやADASについては以前から将来の成長分野として取り組んできたが、収益貢献につながる具体的な動きが見えつつあるということで、同社の各種取扱商品に横串を刺す形のテーマとして、重点取り組み項目に組み込まれたとみられる。

同社は2018年3月期の売上高について、各重点取り組み項目に沿った売上高計画の内訳を策定している。2017年9月の業績見通し修正に際して、通期の売上高計画は80,000百万円から80,200百万円に修正されるとともに、その内訳も期初予想から変更が加えられた。

仕入先及び製品分野別内訳ではルネサスエレクトロニクス製品の売上高計画が上方修正された一方、日立グループ製品は期初計画から引き下げとなった。一方、販売先別内訳の中では、海外ビジネス、特約店ビジネスともに期初予想から上方修正され、順調な進捗がうかがえる。

以下に各重点取組事項の進捗状況を詳述する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below