December 28, 2017 / 7:42 AM / 6 months ago

イーストン Research Memo(8):ワンストップソリューションの本格展開の体制が整う


*16:36JST イーストン Research Memo(8):ワンストップソリューションの本格展開の体制が整う
■中長期の成長に向けた重点取り組みと進捗状況

6. IoT/ADAS技術の取り組みとワンストップソリューションの強化の進捗状況
ワンストップソリューションの強化はルネサスイーストン9995にとって今後数年間の最重要課題だと弊社では考えている。取扱商材の単品販売では顧客ニーズに応えられないということが理由の1つだ。また単品販売では同社の付加価値を発揮できないため事業の売上総利益率の上昇に限界があるということもある。ほかにも、売上高1,000億円の大台突破など同社が課題や目標と認識する様々なものの克服していくうえで、ワンストップソリューションの強化は必要不可欠だ。

同社はルネサスエレクトロニクス製品を筆頭に日立グループ製品やCSB製品など多数の商材を取り扱っているだけでなく、ソフトウエア技術やセキュリティ技術、新技術や新潮流に関する情報なども保有している。これらを顧客ニーズに合わせて組み合わせてモジュール化、システム化することが、売上拡大と、付加値創造による高収益実現へとつながると期待される。

今第2四半期の新たな進展としてはSIer(システムインテグレーター)の機能を充実させたことが挙げられる。パートナー企業の持つ先端技術・先端製品と同社が有するノウハウを結合させるワンストップソリューションの取り組みにおいて、社外のシステムインテグレーターを活用することがよりスピードアップにつながるとの判断がこうした動きにつながったとみられる。

弊社は前回のレポートで、ワンストップソリューションの提案を同社がプロアクティブに行っていくことこそが必要だと指摘した。その点は同社自身が誰よりも強く意識していると弊社では理解しているが、今回のSIerとの連携はその証左だと言えるだろう。今や同社は必要なピースをすべて手にし、攻める体制は完備したと言える。今後の実体的な活動・展開に注目したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below