January 4, 2018 / 11:29 PM / 6 months ago

ナノキャリア---VBL社がプラチナ耐性卵巣がんの第3相試験の開始と第1例目の患者登録を発表


*08:24JST ナノキャリア---VBL社がプラチナ耐性卵巣がんの第3相試験の開始と第1例目の患者登録を発表
ナノキャリア4571は、創薬ベンチャー。ナノテクノロジー技術のミセル化ナノ粒子をコアに、がん領域医薬品等を開発。パイプライン豊富。シスプラチンミセルはグローバルに開発推進。化粧品材料供給収入計上。

同社と11月にライセンス契約済みのVBL Therapeutics(本社:イスラエル)は、所有する遺伝子治療薬VB-111について、プラチナ耐性卵巣がん適応の承認申請根拠となる第三相試験(OVAL試験)の開始と第1例目の患者の登録を発表した。
VB-111は米国を中心に第3相臨床試験などを実施中である。プラチナ耐性卵巣がんの有効な治療法の確立には大きな医療ニーズがある。
VBL(CEO:Dr.Dror Harats)は、2000年に設立されたバイオテクノロジー企業で、VBL Therapeuticsとして米国NASDAQに上場している。

NC-6004の第III相試験の新規患者登録を再開。抗体/薬物結合型ミセル「ADCM」の開発に注力。18.3期通期は研究開発費が重し。一時的に個別物色が強まる可能性も、業績懸念が当面の株価の上値を抑制へ。


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below