January 5, 2018 / 6:15 AM / a year ago

エネクス Research Memo(6):需給ギャップ解消で需給トレードが大幅に縮小。不需要期も重なり大幅減益


*15:06JST エネクス Research Memo(6):需給ギャップ解消で需給トレードが大幅に縮小。不需要期も重なり大幅減益
■業績の動向

5. 産業エネルギー・流通部門
産業エネルギー・流通部門は売上収益38,986百万円(前年同期比39.8%増)、営業活動に係る利益324百万円(同71.4%減)、当社株主に帰属する四半期純利益242百万円(同70.5%減)と売上収益は大幅増収ながら大幅減益となった。

前述した元売り再編による需給ギャップの解消及び市況の安定は、産業エネルギー・流通部門の石油製品トレード事業にとっては逆風として働いた。石油製品トレードは、需給ギャップで発生する余剰玉をトレードすることで、需給調整や価格ギャップの解消を行うもので、伊藤忠エネクス8133自身の収益拡大ニーズに加え、業界全体でのバランス調整という社会的ニーズも背負った事業であるためだ。

またアスファルトは、販売量自体は前年同期比11.6%増と増加したものの、基本的には下期型の事業であるため、他事業の不振を吸収するには足りず、セグメント利益を押し上げるには至らなかった。

今第2四半期のトピックスとしては、石炭灰(フライアッシュ)のリサイクル事業の開始が挙げられる。これは石炭火力発電所から排出される石炭灰をアスファルト舗装工事の路盤材等に再利用する事業だ。同社はこれ以外にもスロップや再生油事業などの事業化を進めており、フライアッシュに続く事業化の実現が待たれるところだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below