January 11, 2018 / 6:20 AM / 5 months ago

天昇電 Research Memo(5):控え目な予想で減益を見込むが、上方修正の可能性はある


*15:15JST 天昇電 Research Memo(5):控え目な予想で減益を見込むが、上方修正の可能性はある
■今後の見通し

● 2018年3月期の業績見通し
上半期の業績が予想を上回ったことから天昇電気工業6776は、2018年3月期通期の連結業績予想を上方修正した。現時点では売上高は前期比4.1%増の16,000百万円、営業利益は同23.4%減の980百万円、経常利益は同25.3%減の950百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同32.6%減の650百万円と予想されている。

通期の予想は上方修正されたとはいえ、上半期が好調であった割には小幅の修正にとどまっている。これについて同社は、前期好調であった高付加価値製品の動向が不確定であること、売上高比率の高い自動車業界の先行きが不透明であること、人材・設備等に積極的に投資を行う予定であることなどから、「絶対に達成できる予想を出している」と述べている。言い換えれば、現在の予想はこれらの不透明要因が最悪となった場合を想定してのもので、かなり控え目と言えるだろう。投資については同社自身がコントロール可能であり、今後の需要先業界の動向次第では上方修正の可能性もありそうだ。なおセグメント別や向け先業界別の予想売上高は開示していない。

今期の設備投資額は、期初には前期並み(約1,000百万円)を見込んでいたが、需要が好調であることから金型投資を中心に増額され、既に上半期で約1,000百万円(金型と設備が半々)の投資を完了。通期では1,800百万円ほどが見込まれている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below