January 11, 2018 / 6:05 AM / 8 months ago

イメージ情 Research Memo(3):連結子会社化により売上増


*15:04JST イメージ情 Research Memo(3):連結子会社化により売上増
■業績動向

イメージ情報開発3803の2018年3月期第2四半期累計(4月−9月)連結決算は、売上高が前年同期比11.3%減の416百万円、営業利益が5百万円(同22百万円赤字)、経常利益が6百万円(同20百万円赤字)となった。システム構築の受注が前年同期比で24.6%伸びたほか、運用/保守、BPO/サービス分野が堅調に推移したものの、前期にあった大手取引先の大規模サーバ入替が完了したことで、商品販売が104百万円減少したことで、2ケタの減収を余儀なくされた。利益面では、経費削減などを徹底させたことで、黒字に浮上している。

一方、親会社株主に帰属する四半期純利益は、期初予想は25百万円であったものの、第2四半期(7月−9月)に北栄への債権全額に対して貸倒引当金315百万円を計上したため308百万円の赤字となった。しかしながら、北栄に関しての負担はこれ以上、事実上、発生しない形となるため、今後を考える上では前向きに捉えることができる。

2018年3月期の通期見通しについては、売上高、利益とも修正した。売上高は、期初予想の883百万円(前年同期比9.8%増)から1,021百万円(同27.0%増)に増額したが、これは2017年10月にアイデポルテを新規に連結子会社化したため。一方、営業利益は61百万円から34百万円、経常利益は61百万円から34百万円と、当第2四半期累計の利益が共に黒字化しながらも下方修正した。当期純利益も、上半期の貸倒引当金の計上により、期初予想の52百万円の黒字から290百万円の赤字に大きく下振れする。

主力であるシステム関連は、仕事は潤沢にあり、受注面ではオファーが殺到しているような状況。しかし、それらをすべて消化するには人手不足で、キャパシティーを超えるような受注をすることは考えていない。現状では、受注案件受入増に伴い外部人材リソースを活用しているものの、その分、人件費が増加、売上原価率の上昇につながっている。

足元の繁忙を受けて人員を増やしても、AIの進展などで将来的に、技術者が過剰にならないとも限らず、当面は現状のキャパシティーでこなせるビジネスを受注していく考えだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below