January 11, 2018 / 6:10 AM / a year ago

イメージ情 Research Memo(4):今後の中期戦略


*15:06JST イメージ情 Research Memo(4):今後の中期戦略
■イメージ情報開発3803の中期戦略

これまで辺野古などプロジェクトの遅れから足かせとなっていた北栄が、いかに貢献してくるかが収益面でのポイントになる。計画より遅れているものの、那覇空港の第2空港増設工事や、辺野古沖埋立工事が進展した場合、既に、悪い部分は出し切っているだけに、収益、財務のいずれも改善に向かいそうだ。

このほか、中期戦略については、コアビジネスとなるシステムインテグレーション、さらにはソフトウェア・ロボット事業、セキュリティ事業を土台として、 ナノテクノロジー、北栄も含む地域貢献型コンサルティング事業、メディカル&アンチエイジング事業、スポーツ&ヘルスケア事業などを展開し、「システムインテグレーター」から「ビジネスインテグレーター」へのシフトを目指す。

例えば、地域貢献型コンサルティング事業では、インバウンドに関連した決済ビジネスを新規事業として進めるなど、持てるノウハウを生かした新規ビジネスの開拓に意欲的に取り組んでいる。

併せてM&Aも積極的に行う方向だが、スポーツ&ヘルスケア事業への取り組みのため2017年10月に実施したアイデポルテの連結子会社化は、その一環と言えそうだ。なお、M&Aを実施する際の資金調達について、借入金、増資など状況に応じて検討するという。

このように、培ってきたITの技術をベースにビジネス規模の拡大を図るとともに、財務体質の健全化にも取り組み、東証2部上場企業に匹敵するレベルの企業を目標として行く。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below