January 12, 2018 / 3:26 AM / 5 months ago

米国と中国がインフラ投資に注力、SMBC日興証券(花田浩菜)


*12:24JST 米国と中国がインフラ投資に注力、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/12付の「DailyOutlook」では、インフラ関連銘柄について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『トランプ大統領が今月中にインフラ投資の詳細を公表する方針と伝わっている。税制改革法案を昨年12月に成立させたものの支持率は低迷。11月の中間選挙を控え、どのような施策を打ち出すのか注目される。そうした中、米国の主要インフラの築年数をみると上昇傾向にある。築年数の上昇は質の低下に繋がっており、ASCEによるインフラ評価は“D+(危険な状態)”となっている。グレードをB(現状は十分)に引き上げるには2016年から2025年までに4兆5900億ドルもの投資が必要とのこと。質の低下は時間的なロスやコスト増など経済的な損失を生み出すことからインフラの再構築が急務となっている』と伝えています。

続けて、中国のインフラ投資にも触れ、『中国ではシルクロード(一帯一路)構想が推進されており、日本政府も協力する方針である。一帯一路構想とは、中国と欧州を結ぶ地域でインフラ投資を積極化し巨大経済圏を形成する構想のこと。沿線地域は世界人口の6割強を含む巨大地域であることから、企業にとって魅力的な市場といえる』と分析しています。

さらに、『海外に事業を展開し、世界シェアの高い製品を手掛ける日本企業は多い。米国と中国によるインフラ投資の増加は、こうした企業に恩恵をもたらそう』とまとめています。

最後にレポートでは、『主なインフラ関連銘柄』を紹介しています。具体的には太平洋セメ5233やコマツ6301、クボタ6326など全7銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/12付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜





《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below