January 19, 2018 / 4:42 AM / 6 months ago

半導体は好調持続、川上から川下へ評価軸移行、SMBC日興証券(花田浩菜)


*13:37JST 半導体は好調持続、川上から川下へ評価軸移行、SMBC日興証券(花田浩菜)
こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/19付の「DailyOutlook」では、化学セクターについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『化学セクターを取り巻く2017年度業績の特徴として、半導体用ウェーハや主要石化製品に代表される通り、値上げによるマージン拡大を主因とした利益水準の飛躍的な向上が顕著な点が挙げられる。業績拡大が続き、それを織り込む形で株価の上昇が続いている』と伝えています。

続けて、引き続き、業績拡大に見合った株価の上昇を期待できよう、との見通しを示し、『2018年度の業況を俯瞰すると、まず300mm・200mmウェーハは、タイトな需給バランスを裏付けとする顧客との長期契約に基づき、大幅な値上げが浸透する可能性が高いとみられる。一方、石化事業については、中国の環境規制強化の取り組み(工場稼働の抑制要因)が、市況・マージンの下支え役を担うとみる』と分析しています。

さらに、『ただ、米国のシェールガスベースのエチレン設備の立ち上げや、一部誘導品(基礎となる化学原料から化学反応によって生成される製品のこと、例:エチレン→ポリエチレン)の新増設など供給圧力が増すことで、業績モメンタムは鈍化すると予想される。また、原料価格がピークアウトへ転じれば、ファインケミカル(多品種・少量生産で高付加価値の化学物質)や合成繊維など川下に位置する銘柄群の、売上高成長力の大きさに評価軸が移行すると認識している』とまとめています。

最後にレポートでは、『主な化学セクター銘柄』を紹介しています。具体的には三菱ケミHD 4188や信越化4063、住友化4005など全14銘柄が挙げられていますので、詳しくは1/19付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below