February 23, 2018 / 8:03 AM / 8 months ago

パイプドHD---製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージをリリース


*16:56JST パイプドHD---製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージをリリース
パイプドHD3919は22日、同社グループ会社のパイプドビッツが、メディコム(本社:東京都渋谷区)とトライベック・ストラテジー(本社:東京都港区)と共同で、業界初の製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD(Business to Doctor」を開発・提供を開始したと発表した。

従来、製薬企業ではMRが新薬を含む医薬品に関する情報を医療機関に訪問し、医師に伝達している。しかし2012年4月、MRと医師の癒着防止を目的に「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」が改訂され、MRの訪問規制を強化する病院が増えてきた。またMRの数も減少してきており、効率的で効果的なMRの訪問活動を支援する体制が求められている。一方、医師は好きな時に製薬企業のホームページを活用して情報収集を自分で行うようになり、デジタルコミュニケーションを活用した情報伝達が求められるようになっている。
近年では製薬企業でも、MRの訪問活動を支援する目的でマーケティングオートメーションへの注目がされているが、導入するには年間数千万円から1億円の予算を見込む必要があり、中小規模の企業での導入は難しいと考えられている。
同サービスは、製薬企業のオウンドメディアを最適化し、処方確度の高い医師を抽出し、効果的な訪問支援を実現。製薬企業向けに最適化し、パッケージ化されたクラウドサービスのため、中小規模の企業でも素早く安価に導入することができるという。
今後は共同開発会社とともに「BtoD」を活用して製薬企業の課題解決を目指す。また、2018年4月18日から4月20日に開催される「第3回ヘルスケアIT2018」にも出展し、同サービスを紹介する予定。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below