February 26, 2018 / 6:34 AM / 8 months ago

スリープロ Research Memo(6):新連結子会社及び既存事業の成長により大幅な増収増益を予想


*15:26JST スリープロ Research Memo(6):新連結子会社及び既存事業の成長により大幅な増収増益を予想
■今後の見通し

● 2018年10月期の業績見通し
スリープログループ2375の2018年10月期通期の連結業績は、売上高で前期比22.6%増の16,500百万円、営業利益は同31.1%増で500百万円、経常利益で同23.9%増の498百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同33.2%増の287百万円と、3期連続の増収増益を予想する。

売上高の増加は約3,000百万円であり、そのうち約2,000百万円は2017年10月に連結子会社化したオー・エイ・エスの売上高の計上によるものであり、残りの約1,000百万円は既存事業のオーガニックな成長によるものである。

BPO事業のコールセンター分野では北九州市にコンタクトセンターを開設しキャパシティが増えるとともに、BCP(事業継続計画)対応や通信販売の受注、IoT関連サポート等で受注拡大を狙う。フィールドサポート分野では、IoT(センサーなど)関連やWi-Fi機器の設置案件が増加しており、キャリア向けの電波調査も期待される。テクノロジー分野では、M&AによりIT技術者を確保したことにより業容拡大の足場ができた。コワーキングスペース事業では、入居者数及び拠点数が順調に伸びており成長軌道に変化はない。各事業が市場の追い風もあり堅調に推移していることから売上高予想はリアリティの高いものと考えられる。

営業利益に関しては、営業利益率で3.0%(前期は2.8%)を予測する。M&Aでグループを増やしてきた同社だが、管理機能の集約化や拠点の有効利用・統廃合の余地が残されており、2018年10月期の各利益予想の達成は十分可能であると考えられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below