February 26, 2018 / 6:34 AM / 6 months ago

スリープロ Research Memo(8):収益基盤が整い9期ぶりの復配。東証1部昇格への準備を進める


*15:28JST スリープロ Research Memo(8):収益基盤が整い9期ぶりの復配。東証1部昇格への準備を進める
■株主還元策

スリープログループ2375は、重点分野への積極的な投資等により確固たる競争力を早期に築くことを重要な課題と認識しつつ、同時に株主に対する利益還元についても重要な経営の課題として認識している。 これまで、2009年10月期に無配となって以降、M&A資金の確保や内部留保の一層の充実の観点から、配当を見送ってきたが、既存ビジネスの合理化による収益性の向上やM&Aの成功により着実な利益体質の構築を実現し、連結純資産も372百万円(2010年10月期)から2,568百万円(2017年10月期)に回復した。今後についても継続的に配当を実施できる収益基盤が整ったと判断したことから復配が実現した。2017年10月期の期末配当金は1株当たり5円(年間5円)であり、配当性向は15.3%である。2018年10月期も年5円を維持し、配当性向は11.5%の予想である。

現在は東証2部に上場しているが、株主数の基準をクリアすれば東証1部へ昇格が可能になるため、早期に条件を整えたい考えだ。


■情報セキュリティ対策
同社は、情報セキュリティ対策を重要な経営課題の1つと捉え、社長のもと、情報セキュリティ運営委員会を設置し、重要なインシデント発生時に備える体制を構築している。本業がBPO事業であるため、顧客企業の情報の取り扱いには厳しいルールを設け、関わる従業員等へ教育も強化している。一例として、PCには監視ツールを導入、個人情報の持ち出し禁止、USB使用禁止、個人情報の分割入力の徹底などを行う。情報セキュリティ教育は全従業員に対して年1回行う。

また、ISO/IEC 27001認証、プライバシーマークを取得している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《HN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below