February 26, 2018 / 3:14 AM / 7 months ago

フィスコ銘柄分析(7):EV対応の動き進展でメリットが大


*12:06JST フィスコ銘柄分析(7):EV対応の動き進展でメリットが大
■分析銘柄:エスペック6859


■足元で業績拡大ペース早まる

環境試験機器のトップメーカーであり、国内約6割、海外約3割の高いシェアを占めている。第3四半期累計営業利益は前年同期比89%増と大幅増益、10-12月期は同140%増と足元で増益率は拡大している。自動車関連を中心とした受注の拡大が背景であるが、今後はEV対応の動きが自動車関連業界では活発化するとみられ、こうした傾向は国内のみならず、中国など海外でも本格化、試験機器の需要は一段と拡大することが見込まれる。EV普及時代を見据え、いち早く業績面でのメリットが期待できる銘柄として注目したい。業績には季節性が高く、これまで10-12月期の売上高が7-9月期の水準を上回ることはなかったが、今期は同水準を突破しており、今まさに業績成長拡大ステージに入ってきたと考えられる。


■連続増配も続ける

自己資本比率が高いなど財務面が強固であるほか、連続増配を続けていることなども評価ポイントとなる。中期成長期待を考慮すればPER水準に割高感も感じられない。1月31日の高値3145円を目先の目標株価とする。


★リスク要因
窓埋めによるテクニカル面での戻り一服感も。



《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below