February 26, 2018 / 6:54 AM / 3 months ago

ハウスドゥ Research Memo(8):2018年6月期の通期予想は上方修正含み


*15:48JST ハウスドゥ Research Memo(8):2018年6月期の通期予想は上方修正含み
■今後の見通し

ハウスドゥ3457の2018年6月期の通期予想は、期初予想のまま据え置かれた。売上高は前期比1.8%増の17,146百万円、営業利益が同28.4%増の1,603百万円、経常利益が同27.0%増の1,400百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同24.7%増の920百万円となる。前期は、前々期が特殊要因により予想以上の好業績だったため、減収減益に終わった。当期は、拡大基調に復帰する。

不動産業界にとって12月から2月までは不需要期であり、一般的な年度末に当たる3月の動向を確認してから、通期予想の修正を検討することになる。

ストック型収益事業は、加盟店舗数、保有物件数などが順調に積み上がっており、上期よりも下期の収益拡大が見込まれる。フランチャイズ事業は、前期比15.1%の増収、同19.4%の営業増益が見込まれている。不動産金融事業は、売上高と営業利益が共に前期比約2倍の急拡大を計画している。ハウス・リースバック事業は、前期にあった収益不動産1棟と高額物件1棟の売却による特別要因がないことを前提に同22.8%の減収、利益横ばいを見込んでいる。事業の基調は拡大路線に乗っている。

フロー型収益事業は、労働集約型事業からストック型収益事業へ経営リソースをシフトさせていることから、売上高は前期比2.8%の微増、営業利益は同5.7%減としている。不動産売買事業は、たな卸資産の水準に留意しつつも安全重視型から通常モードに戻しており、若手社員の成長もあり、第2四半期までは期初予想を上回る好成績を上げている。

過去2期の実績の上下比率を見たところ、特に季節性は見られなかった。今期の期初予想における上下比率は、売上高が50.1%:49.9%、経常利益が41.2%:58.8%であった。第2四半期の業績を踏まえた比率は、売上高、経常利益ともに55.6%:44.4%となり、通期予想を修正していない分、下期のウエイトが低くなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below