February 26, 2018 / 7:19 AM / 8 months ago

日本M&A Research Memo(2):2018年3月期の通期見通しを上方修正、1件当たりの単価が上昇


*16:10JST 日本M&A Research Memo(2):2018年3月期の通期見通しを上方修正、1件当たりの単価が上昇
■業績動向

1月30日に公表した日本M&Aセンター2127の2018年3月期の第3四半期累計(4月−12月)決算は、引き続きM&A仲介ビジネスが好調であったことから、売上高は前年同期比33.1%増の19,963百万円、営業利益が同35.2%増の10,357百万円、経常利益が同35.5%増の10,424百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同39.3%増の7,332百万円と大幅な伸びを示した。

4月−12月の成約件数は531件と、既に9ヶ月間の時点で前期の実績524件を超えている。前年まで、過去5年間に年間成約件数は194件から524件と2.7倍と急激な伸びを示したものの、その勢いにはまったく衰えがみられない。M&Aに対するニーズが引き続き強いことを同社の成約件数が示した格好だ。

1件当たりの平均単価も前期は35.9百万円だったのが、この9ヶ月間の平均単価は37.2百万円に上昇。

ここまでの業績が好調だったことを受け、2018年3月期通期の見通しについて、決算発表と同時に上方修正を公表した。売上高を21,390百万円から24,000百万円(前年同期比25.9%増)、営業利益を10,000百万円から11,300百万円(同24.9%増)、経常利益を10,000百万円から11,300百万円(同24.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益を6,763百万円から7,680百万円(同24.4%増)にそれぞれ増額している。

同社は、2019年3月期を最終年度とする中期経営計画を進めているが、その目標として掲げていた経常利益10,000百万円を第3四半期累計で達成したことで、最終年度を待たずして1期前倒しで目標を達成することが確実な状況となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below