April 24, 2018 / 3:45 AM / a month ago

オプティム---AIを用いた眼底画像の診断支援システムの開発、有用性の共同研究開始を発表


*12:42JST オプティム—-AIを用いた眼底画像の診断支援システムの開発、有用性の共同研究開始を発表
オプティム3694は23日、同社と佐賀大学が共同で設立した、AI・IoTなどを活用した未来型医療の共同研究を行う「メディカル・イノベーション研究所」が、眼底画像を用いた人工知能による緑内障の診断支援システムを開発したことを発表。

また同日、本システムの臨床的有用性の検証のため、医療法人YT 美川眼科医院(所在地:佐賀県佐賀市)と共同で、患者の眼底画像を使った臨床研究の開始も併せて発表した。

本研究では、佐賀大学医学部付属病院と美川眼科医院で診断した延べ500名の患者を対象として、AIを用いた緑内障のリスク評価についての診断支援結果の妥当性を検討し、日常診療に用いる眼底写真を匿名化の上で解析するとしている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below