April 26, 2018 / 6:23 AM / 6 months ago

クリエイト・レストランツ・ホールディングス---18/2期は9.5%増の営業増益、グループ連邦経営の強み生かす


*15:15JST クリエイト・レストランツ・ホールディングス---18/2期は9.5%増の営業増益、グループ連邦経営の強み生かす
クリエイト・レストランツ・ホールディングス3387は25日、2018年2月期連結決算を発表した。売上高が前期比2.7%増の1,165.67億円、営業利益が同9.5%増の64.13億円、経常利益が同8.6%増の68.94億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同24.0%減の25.01億円となった。

CRカテゴリーの売上高は437.35億円、連結店舗数は417店舗となっている。ローストビーフ丼専門店やカフェ業態等の出店により、31店舗の新規出店、35店舗の撤退を実施している。

SFPカテゴリーの売上高は368.41億円、連結店舗数は225店舗となっている。海鮮居酒屋「磯丸水産」や「鳥良商店」、餃子居酒屋の「いち五郎」等の出店により、20店舗の新規出店、7店舗の撤退を実施している。

専門ブランドカテゴリーの売上高は331.77億円、連結店舗数は191店舗となっている。KRフードサービス が「かごの屋」や「あずさ珈琲」、イートウォークが「やさい家めい」、グルメブランズカンパニーが「ジャン・フランソワ」等、13店舗の新規出店、13店舗の撤退を実施した。

海外カテゴリーの売上高は28.34億円、連結店舗数は30店舗となっている。シンガポールや香港にて「しゃぶ菜」等を出店し、4店舗の新規出店、8店舖の撤退を実施した。

なお、同社は、2019年2月期より、日本基準に替えて国際財務報告基準(IFRS)を任意適用する。このため、2019年2月期の連結業績予想は、IFRSに準拠した数値を表示している。売上収益は1,250億円、営業利益は76億円、税引前利益は74億円、親会社の所有者に帰属する当期利益は40億円を見込んでいる。

「グループ連邦経営」の強みである消費者ニーズ等 に対する変化対応力をさらに進化させるべく、引き続き新しいコンセプトブランドの開発、業態変更や改装の実施による既存事業の収益性の向上に取り組み、事業基盤の強化を図っていく。また、M&Aにおいても、引き続き積極的に検討を行い、更なる企業価値の向上を目指すとしている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below