April 27, 2018 / 6:24 AM / 5 months ago

GMOペパボ---主力事業の堅調に推移により、過去最高の四半期売上高を記録


*15:18JST GMOペパボ---主力事業の堅調に推移により、過去最高の四半期売上高を記録
GMOペパボ3633は26日、2018年12月期第1四半期(2018年1月~3月)決算を発表した。売上高が前年同期比5.1%増の18.97億円、営業利益が同29.2%増の1.51億円、経常利益が同30.3%増の1.54億円、四半期純利益が同20.0%増の1.41億円となった。

業績を牽引しているレンタルサーバー「ロリポップ!」では、昨年から新たな顧客層の獲得を図るべく、リブランディングを実施しデザイン及びコンセプトを一新した。また、事業拡大の基盤作りのため、同社の研究開発組織「ペパボ研究所」を中心に、従来のレンタルサーバーとは一線を画す新たなホスティングサービスを目指し、新プラン「マネージドクラウド」の開発を進めており、2017年9月にはクローズドα版、11月にはオープンβ版の提供を行った。4月18日に正式版の提供を開始し、既存のレンタルサーバー市場のみならず、成長著しいクラウド市場に対してもターゲット層を拡大した。 また、作品数、作家数国内No.1のハンドメイドマーケット「minne」においては、大規模イベント等、オフライン施策の継続的な実施に加え、Web広告の強化といったプロモーションへの積極投資を行っている。

当第1四半期累計期間においては、スマートフォンアプリの累計ダウンロード数は911万DLを突破し、四半期流通金額は過去最高の29億円(前年同期比20.9%増)となった。なお、同期間における「minne」への広告宣伝費は、TVCMの放映は行わず、 Web広告の展開に注力した。

2018年12月通期の業績予想は、売上高が前期比5.9%増の78.00億円、営業利益が同129.7%増の3.30億円、経常利益が同90.9%増の3.30億円、当期純利益が同116.2%増の2.59億円とする計画を据え置いている。



《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below