May 1, 2018 / 8:14 AM / 7 months ago

JBCCホールディングス---18/3期は営業利益が11.1%増、継続的な収益向上の取り組みにより増益


*17:08JST JBCCホールディングス---18/3期は営業利益が11.1%増、継続的な収益向上の取り組みにより増益
JBCCホールディングス9889は27日、2018年3月期連結決算を発表した。売上高が連結子会社イグアスの全株式売却等により前期比24.2%減の631.07億円となったが、営業利益が同11.1%増の20.60億円、経常利益が同5.3%増20.34億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.5%減の11.86億円となった。

情報ソリューション分野では、サービスビジネスは、導入サービスや顧客のセキュリティ強化によるセキュリティサービスが伸長した。システムについては、サーバーとストレージを統合した次世代仮想化ソリューション等のビジネスが堅調だったが、クラウドへのシフトにより売上は前年より微減だったものの、IoTやAIのビジネス件数が大幅に増加した。システム開発は、大型案件の低減により、前年に比して売上が減少した。

製品開発製造分野では、生産管理システム「R-PiCS」は、導入や開発の売上が増加した。JBソフトウェアは、社内外のシステム間の連係を効率化し情報の利活用を実現する情報連携支援ソリューションの売上が伸長した。ハードウェアは、下半期に「Optimized PC 2.0」(既存のPCとシンクライアント、双方の特徴をあわせ持ち、利便性と機密性を兼ね備え、顧客の利用形態に最適化されたクライアント端末及びその環境)の大口の売上があったが、主力のインパクトプリンターの売上は需要の縮小傾向により減少した。

2019年3月期の連結業績予想については、売上高が前期比9.2%減の573.00億円、営業利益が同1.9%増の21.00億円、経常利益が同5.7%増の21.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同9.5%増の13.00億円を見込んでいる。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below