May 7, 2018 / 5:26 AM / 6 months ago

イチネンホールディングス---通期は自動車リース関連事業、ケミカル事業、パーキング事業が好調


*14:21JST イチネンホールディングス---通期は自動車リース関連事業、ケミカル事業、パーキング事業が好調
イチネンホールディングス9619は27日、2018年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比2.1%増の813.79億円、営業利益が同4.2%増の59.18億円、経常利益が同8.0%増の59.53億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.3%増の38.48億円となった。

自動車リース関連事業は増収増益となった。リースはリース化の進んでいない地方市場等を中心に新規販売を積極的に行い契約台数が増加した、自動車メンテナンス受託は契約台数が減少したが、契約高は増加した。燃料販売においては仕入れ価格が安定し堅調に推移した。

ケミカル事業は増収増益となった。工業薬品関連の燃料添加剤や石炭添加剤の販売が堅調に、化学品関連の機械工具商向けや個人向けケミカル製品の販売が順調に推移した。

パーキング事業は増収2桁増益となった。駐車場数の拡大に努め、駐車場管理件数と管理台数ともに増加した。新規駐車場の開発が順調に進み、また、既存駐車場の収益改善活動の効果もあった。

機械工具販売事業は増収も減益となった。子会社化した2社が販売増加に寄与し、さらにネット販売も順調に推移したが、株式取得関連費用などの販売費及び一般管理費が増加した。

合成樹脂事業は減収減益となった。半導体実装装置メーカー等へのセラミックヒーターの販売、科学計測機の販売は増加したが、遊技機メーカーへの合成樹脂製品の販売が減少した。

2019年3月期は、機械工具販売において調達コストの軽減を図る、また、遊技機メーカーへの合成樹脂製品の販売で一貫受注体制を構築する等の対策を図り、業績は、売上高が前期比5.7%増の860.00億円、営業利益が同3.1%増の61.00億円、経常利益が同2.5%増の61.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同0.3%増の38.60億円としている。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below