May 8, 2018 / 4:37 AM / 4 months ago

カルナバイオサイエンス---国立がん研究センターと新規創薬標的に関する共同研究契約を締結


*13:33JST カルナバイオサイエンス---国立がん研究センターと新規創薬標的に関する共同研究契約を締結
カルナバイオサイエンス4572は7日、新規な抗がん剤の創出を目指し、国立がん研究センターと共同研究契約を締結したと発表。

国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野 増富健吉分野長らの研究グループが見出した新規な創薬標的に関して、カルナバイオサイエンスが保有する高い創薬研究能力を駆使し、新しい作用機序で優れた抗がん作用を有する新薬開発を目指して共同研究を行う。


同社と国立がん研究センターは、これまでも2008年からWNTシグナルを標的としたキナーゼ阻害薬の共同研究を実施しており、今回の契約においても画期的な抗がん薬を開発するために、より緊密に共同研究を進めていく予定とのこと。

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below