July 18, 2018 / 2:55 AM / 5 months ago

SFPホールディングス---1Qは売上高が0.3%増、業態転換や新業態の開発・展開を積極的に推進


*15:19JST SFPホールディングス---1Qは売上高が0.3%増、業態転換や新業態の開発・展開を積極的に推進
SFPホールディングス3198は13日、2019年2月期第1四半期(18年3-5月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比0.3%増の95.45億円、営業利益が同32.0%減の7.26億円、経常利益が同29.5%減の8.12億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同43.4%減の5.20億円だった。

既存の物件を活用した業態転換を中心に取り組み、その他の新業態の開発・展開も積極的に進めた。

鳥良事業部門は、「鳥良商店」を「磯丸水産」からの業態転換により20店舗出店し、店舗数は74店舗となった。その結果、鳥良事業部門における売上高は前年同期比28.4%増となった。

磯丸事業部門は、「磯丸水産」の既存店2店舗の改装を進めるとともに、「磯丸水産」を3店舗出店したほか、愛知県にフランチャイズ1店舗を出店した。一方で、「磯丸水産」20店舗を「鳥良商店」へ、4店舗を「いち五郎」へ業態転換した。以上の結果により、店舗数は直営120店舗、フランチャイズ8店舗となり、磯丸事業部門における売上高は同14.3%減となった。

その他部門は、「いち五郎」を新規出店及び「磯丸水産」等からの業態転換により6店舗出店するとともに、「きづなすし」、「五の五」を各1店舗出店したほか、新しい洋食業態「BISTRO Una Strada」を1店舗新規出店し、店舗数は31店舗となった。その結果、その他部門における売上高は同64.7%増となった。

以上の結果、総店舗数は直営225店舗、フランチャイズ8店舗となった。

2019年2月期通期の業績予想は、売上高が前期比7.5%増の396億円、営業利益が同0.6%増の35.5億円、経常利益が同0.6%増の38.5億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同19.9%減の23.5億円とする期初計画を据え置いている。


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below