July 18, 2018 / 2:55 AM / 3 months ago

萩原電気HD Research Memo(6):中期経営目標は2021年3月期に売上高1,300億円、営業利益43億円


*17:05JST 萩原電気HD Research Memo(6):中期経営目標は2021年3月期に売上高1,300億円、営業利益43億円
■中長期の成長戦略

萩原電気ホールディングス7467は新しい中期経営計画として、「2018年度中期経営計画」を発表した。数値目標として2021年3月期に売上高1,300億円、営業利益43億円、ROE8.5%以上を掲げている。

1. 経営理念と中期経営ビジョン
(1) 経営理念:創造と挑戦
創造:全従業員が変化に適応し、新たな価値を創造し続ける。
挑戦:全従業員が現状に満足することなく、更なる成長に挑戦し続ける。

(2) 中期経営ビジョン
先進エレクトロニクスのワンストップソリューション・グローバルサプライヤーを目指す。
持株会社体制への移行を新たな創業と捉え、市場変化に対して先進エレクトロニクスとグループ力で応え、創業100周年に向けての新たな歴史を創り出す。

2. 注力する事業領域
(1) 萩原エレクトロニクス:CASE関連領域
自動車産業の100年に一度の大変革CASE動向を注視し、タイムリーな対応を目指す。
既存領域に加え、まずADAS・自動運転、コネクテッド領域へ取り組み、さらに将来的なEV化、シェアリングへの対応の布石を打つ。

(2) 萩原テクノソリューションズ:IoT領域
IT事業、プロダクト事業、計測事業に加え、今後拡大が期待できるIoT領域を目指す。
特にファクトリーIoT領域、「見える化」「つながる」に取り組み、3事業の融合を図る。

3. 注力領域への取り組み
(1) 技術体制について
分社化後も同社、萩原エレクトロニクス、萩原テクノソリューションズの3社が一体となり、戦略技術の進化とシナジーの創出を継続する。

(2) 技術サポート
自動車分野、産業分野など様々な分野にて技術サポートビジネスを展開する。

(3) IoT事業領域
「IT」「システム開発」「計測」「自社製エッジコンピュータ」を融合することで、ワンストップのIoTソリューションの提案を実施する。

(4) ソフトウェア領域
特に車載ソフトウェアへの取り組みを強化する。

(5) 新規領域
ブロックチェーン技術への取り組みを強化する。ただし、これらの技術はアプリやサービスをつなぐ技術であり、金融系(決済系)に使われるものではない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below