July 18, 2018 / 6:15 AM / 5 months ago

コニシ Research Memo(5):19/3期は5期連続増収、3期連続営業増益を目指す


*15:12JST コニシ Research Memo(5):19/3期は5期連続増収、3期連続営業増益を目指す
■今後の見通し

1. 2019年3月期の業績見通し
コニシ4956の2019年3月期の業績は、売上高135,000百万円(前期比5.1%増)、営業利益7,650百万円(同5.7%増)、経常利益7,760百万円(同5.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4,920百万円(同6.5%増)が予想されている。売上高で5期連続増収、営業利益で3期連続増益(過去最高)を目指す。またセグメント別では、すべてのセグメントで増収増益となる見込みだ。

2. 設備投資額と減価償却費
2019年3月期の設備投資額は、後述する新中期経営計画に基づき4,382百万円(前期は1,747百万円)と大幅増が予定されている。主な内容は、自動コンテナ倉庫(滋賀)、自動ラック危険物倉庫(栃木)、サンライズ栃木物流倉庫、壁装用接着剤製造設備の新設、KLV(ベトナム)の生産能力増強、新基幹システムの導入などとなっている。

減価償却費は1,685百万円(前期は1,839百万円)の見込みで、減少が見込まれる。


■中長期の成長戦略

1. 新中期経営計画を発表
コニシ4956は2018年3月期を最終年度とする「中期経営計画2018」を発表していたが、その目標は2018年3月期に売上高136,000百万円(2015年3月期比17.5%増)、経常利益7,400百万円(2015年3月期比35.4%増)、経常利益率5.4%(2015年3月期実績4.7%)、ROE8.0%(2015年3月期実績6.7%)であった。売上高、経常利益はやや未達であったが、経常利益率、ROEの目標は達成した。

前回の中期経営計画が終了したのを受けて、同社では今回新たに「新中期経営計画2021」を発表した。定量的目標は、最終年度である2021年3月期に売上高1,500億円(2018年3月期比16.7%増)、営業利益86億円(同18.8%増)、営業利益率5.7%(同5.6%)、ROE9.0%(同8.6%)となっている。コニシグループ各社との連携を強化し、売上高、営業利益ともに過去最高を目指す計画だ。さらに今回は、この期間で設備投資150億円(上限)、M&A150億円(上限)の枠を設定している。

2. セグメント別目標
(1) ボンド
関係会社との連携を深めボンドグループ全体で拡販を図り、売上高は55,000百万円(2018年3月期比14.4%増)、営業利益5,300百万円(同16.2%増)を目指す。重要施策として以下の3つを遂行する。

a) 関係会社との連携強化
「サンライズ」、「ウォールボンド工業」と販売・開発面での連携を強化する。具体的にはコニシルートでの販売を強化し、インテリア・リフォーム分野へ拡販を図る。

b) 産業資材分野の強化
紙関連・パネル用途の更なる拡販、電子材料向け製品の育成を図る。これらを次の柱となる製品に育成する。

c) M&Aによる事業拡大
相乗効果が高いと判断される企業への積極的なM&Aを実施する。

(2) 土木建設
社会インフラ・ストック市場の補修・改修工事関連の取り込みを強化して、売上高33,000百万円(同20.7%増)、営業利益2,400百万円(同22.5%増)を目指す。重要施策として以下の3つを遂行する。

a) 関係会社間の連携強化
「コニシ」と「ボンドエンジニアリング」との協業で、新製品・新工法を開発する。また角丸建設の土木分野(現在30%程度)への参入を推進するため、「ボンドエンジニアリング」との連携を強化する。

b) シーリング材のシェア拡大
比較的他社のシェアが高い「新築分野」を強化するため、「開発グループ」を設置し、新築分野の開拓を強化する。これにより、シーリング材でのトップシェアを目指す。

c) M&Aによる事業拡大
土木建設工事や土木建設材料などに関連する企業への積極的なM&Aを実施する。

(3) 化成品
構造改革の推進を強化し、売上高62,000百万円(同17.1%増)、営業利益900百万円(同35.8%増)を目指す。重要施策としては以下の2つを遂行する。

a) 材料科学研究所へテーマ創出
前期に「基礎研究所」を廃止し、新たに「材料科学研究所」を設立した。この研究所では、化成品部門からのテーマを受けて接着剤にとらわれない開発を推進する。また大学との共同研究を行い、高付加価値製品の開発を目指す。

b) 新規商材、新規顧客の開拓を強化
成長分野(自動車、電子電機)への深耕開拓を進める一方で、新規商材(害虫忌避商材など)の拡販を強化する。

3. 主要な投資案件
(1) 製造設備増強(約2,500百万円)
a)  コニシレミンドベトナム:製造釜の増設(生産能力200t→400t/月)。これにより東南アジアエリアの販売を強化
b) ウォールボンド工業:「壁装用接着剤」製造設備の新設(滋賀)。西日本エリアの生産拠点にする
c) サンライズ:栃木工場(シーリング材)新設。東日本エリアの生産拠点にする

(2) 関東営業拠点の再構築(約2,000百万円)
浦和工場跡地に浦和事業所(仮称)を新設、東京本社から大部分を移転する予定。(2019年秋頃完成予定)

(3) 物流機能の充実(約1,800百万円)
自動コンテナ倉庫の建設(滋賀)、自動ラック危険物倉庫の建設(栃木)、サンライズ栃木物流倉庫の建設などを予定している。

(4) 製品運送の自社配送化(約300百万円)
KB LINE(ボンド物流連結子会社)を活用して、物流センター間の配送、グループ各社の製品配送を開始する。これによって今後ボンド製品の自社配送化を推進する。

(5) 新基幹システムの導入(約700百万円)
販売・生産・物流間システムの効率化と顧客サービスの向上を目指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below