July 19, 2018 / 6:33 AM / a month ago

天昇電 Research Memo(4):減益予想だが、先行投資によるもので内容は懸念なし


*15:24JST 天昇電 Research Memo(4):減益予想だが、先行投資によるもので内容は懸念なし
■今後の見通し

● 2019年3月期の業績見通し
天昇電気工業6776の2019年3月期の連結業績は、売上高16,500百万円(前期比6.1%増)、営業利益860百万円(同31.8%減)、経常利益820百万円(同29.3%減)、親会社株主に帰属する当期純利益540百万円(33.3%減)が予想されている。

売上高は、引続き自動車向けが好調に推移する見込みであること、自社製品も順調に拡大していることから増収が予想されている。しかし自動車向け次期製品向けの金型投資(1年償却)や関連した梱包資材への投資(費用)が先行するために利益は減少が見込まれている。しかしこれらの先行投資は、今後自動車メーカー向けの出荷(売上高)が増加するとの見込みがあるから行うもので、内容としては明るいと言えるだろう。

同社によれば、2019年3月期の設備投資額は約1,000百万円(前期901百万円)、減価償却費1,300百万円(同1,078百万円)、梱包資材関連の投資(経費処理)は約100百万円が予想されている。また記述の不動産事業においても、伊賀市の土地を売却したのが前期の第2四半期であったことから、通年では減収減益が予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below