July 8, 2019 / 6:08 AM / 9 days ago

学研HD Research Memo(4):医療福祉分野はグループホーム運営のMCSの寄与もあって、大幅増収増益


*15:04JST 学研HD Research Memo(4):医療福祉分野はグループホーム運営のMCSの寄与もあって、大幅増収増益
■業績の動向

3. 医療福祉分野の動向
学研ホールディングス9470の医療福祉サービス事業の業績は売上高28,384百万円(前年同期比140.5%増)、営業利益1,254百万円(同212.7%増)と大幅増収増益となった。

高齢者福祉については、売上高、営業利益ともに大幅に増加したが、これは2018年9月に子会社化したMCSの寄与が大きい。MCSの今第2四半期は、売上高が14,877百万円、営業利益が702百万円となり、当セグメントの前年同期比の増収・増益額のほとんどを占めた。MCS自体の前年同期との比較でも、売上高は入居率上昇により増収となり、利益面では人員配置の効率化による原価低減で増益を達成した。

同社が従来から手掛けるサ高住事業も、事業所数が直近1年間で12事業所増加したことや入居率の上昇により、着実に増収増益を達成した。

子育て支援は、保育園の3施設の開設や学童保育での7ヶ所の受託により、売上高は増収となった。利益面では施設経費や労務費の増加によりわずかに減益となった。

医学看護出版は、出版や模試の売上げが好調に推移したほか、看護師向けeラーニングの契約増加もあり、売上高は増収となった。利益面でも増収効果により営業増益となった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below