July 8, 2019 / 6:58 AM / in 2 months

動物高度医療 Research Memo(2):犬・猫向け高度医療専門の総合動物病院


*15:52JST 動物高度医療 Research Memo(2):犬・猫向け高度医療専門の総合動物病院
■会社概要

1. 会社概要
日本動物高度医療センター6039は、ペット(犬・猫)向け高度医療を専門に行う総合動物病院(二次診療施設)を展開している。犬・猫の飼い主にとっての「かかりつけの動物病院」(一次診療施設)と連携し、連携病院を中心とした一次診療施設からの完全紹介・予約制によって、一次診療施設では対処が困難な重度の患者動物に対して高度医療(二次診療)を行う。連結子会社のキャミック(2014年1月子会社化)は、高度医療機器を用いた動物の画像診断サービスを展開している。

2019年3月期末の資本金は381百万円、自己資本比率は30.0%、1株当たり純資産は755円20銭、発行済株式総数(自己株式含む)は2,421,700株、グループ合計従業員数は200名(単体ベースは169名)である。

2. 沿革
2005年9月神奈川県川崎市高津区に株式会社日本動物高度医療センターを設立、2007年6月川崎本院を開業した。2009年3月には民間で初めて農林水産大臣から「小動物臨床研修医診療施設」の指定を受けた。2015年3月東証マザーズに新規上場した。

3. 事業拠点
事業拠点としては、同社が高度医療専門の総合病院である川崎本院(2007年6月開業、神奈川県川崎市高津区)、名古屋病院(2011年12月開業、愛知県名古屋市天白区)、東京病院(2018年1月開業、東京都足立区)を展開している。

連結子会社キャミックは高度医療機器を用いた動物の画像診断サービスを、首都圏4拠点(東京都江戸川区、東京都練馬区、東京都世田谷区、埼玉県川口市)で展開している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below