July 9, 2019 / 6:50 AM / 8 days ago

エヌ・シー・エヌ Research Memo(8):国は建築物の木造化を促進


*15:48JST エヌ・シー・エヌ Research Memo(8):国は建築物の木造化を促進
■今後の見通し

3. 事業環境
エヌ・シー・エヌ7057の事業環境については、指標となる新設住宅着工戸数における持家、分譲住宅、貸家のうち、注力するのが持家のエリアとなる。2014年以降、持家は300,000万戸割り込んで推移しており、280,000~290,000戸での推移が継続している。一方で19年3月期における同社の構造計算出荷数は1,671棟であり、依然として成長余地の大きいエリアとなる。SE構法は供給開始以来全22,000棟以上(2019年3月末現在)の実績を持つが、将来の中古住宅流通に向けたデータベースとなるため、520社を超える工務店ネットワークは、中古住宅のメンテナンスを行う優良な施工ネットワークであり、将来的に中古住宅流通(SE構法のフルリノベーション)の分野においてカギとなるだろう。

また、大規模木造建築(非住宅)分野については、農林水産省と国土交通省が発表した2017年度の国の公共建築物において、低層(3階建て以下)物件の木造化比率が63.0%と、初めて6割を超えたことを発表している。木造化が本格化した12年度以降、過去最高となる。国が整備する低層建築物を原則、木造にする基本方針に掲げており、非住宅についても成長が見込まれる分野となる。なお、公共建築物の工事予定金額の推移において、2009年度の5,000億円超から2017年度には8,000億円を超える市場規模となっている。構造材の比率は1割と言われており、800億円の規模に対して4億円ほどの利益であるため、大規模木造建築に関しても成長余地が大きいマーケットである。ネットワークを拡大することで、まずはマーケットシェア3%を目指しており、市場規模が1兆円に拡大した場合、30億円超を目指すことになる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below