July 10, 2019 / 6:21 AM / 14 days ago

フリービット Research Memo(5):2020年4月期通期は売上高570億円、営業利益40億円の予想


*15:15JST フリービット Research Memo(5):2020年4月期通期は売上高570億円、営業利益40億円の予想
■今後の見通し

フリービット3843は、2020年4月期より報告セグメントを見直す。趣旨は経営管理体制(会社単位)にくくり直し、事業内容をより明瞭にするものである。具体的には旧ブロードバンド事業はマンションインターネットが不動産テック事業に移行。ISP事業者向け事業支援サービスがインフラテック事業に移行した。旧モバイル事業はインフラテック事業に移行。旧クラウド事業は、インフラテック事業と不動産テック事業に分けられた。事業を担う会社と報告セグメントがほぼ合致し、わかりやすくなった。

2020年4月期通期の連結業績は、売上高が前期比13.2%増の57,000百万円、営業利益が同34.2%増の4,000百万円、経常利益が同47.9%増の3,800百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同258.0%増の1,000百万円と、7期連続の増収と過去最高の営業利益を更新する計画だ。

売上高に関しては、稼ぎ頭であるマンションインターネット(不動産テック事業、旧ブロードバンド事業)で提携先大手ハウスメーカー向け提供戸数が増加し、IoTサービスの拡充なども加わり順調に拡大する予想だ。フリービットEPARKヘルスケアが伸びているヘルステック事業、エドテック事業も増収に寄与する予想だ。営業利益に関しては、マンションインターネットが好調の不動産テック事業(旧ブロードバンド事業)、ヘルステック事業が大幅増益の予想。アドテク事業(旧アドテクノロジー事業)も堅調に収益を確保する予想である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below