July 10, 2019 / 6:56 AM / 2 months ago

フェローテク Research Memo(11):積極的な設備投資で2022年3月期に営業利益125億円を目指す(2)


*15:51JST フェローテク Research Memo(11):積極的な設備投資で2022年3月期に営業利益125億円を目指す(2)
■フェローテックホールディングス6890の中長期の成長戦略

6. 設備投資計画と財務指標
(1) 設備投資計画
今後3年間で71,000百万円の大規模設備投資を計画している。年度別では、2020年3月期が48,000百万円(うち中・大口径ウエーハ関連41,000百万円)、2021年3月期が12,000百万円(同2,600百万円)、2022年3月期が11,000百万円(同2,100百万円)となっており、設備投資は今期(2020年3月期)がピークとなる予定だ。

内容としては、シリコンウエーハ関連(8インチ及び12インチ)が中心だが、ウエーハ以外では戦略製品である半導体マテリアル(石英、セラミックス、シリコン)及び洗浄事業に継続的な投資を行う。

(2) 財務指標の目標:ROICは6%超、ROEは10%超が目標
今後3年間(中期経営計画)の財務指標の目標は以下のようになっている。

大口径ウエーハを中心とした大規模設備投資に伴い、ROIC・ROEは2021年3月期までは一時的に低下する見込み。2021年3月期以降は設備投資が一段落し、各種事業の軌道化及び各種改善策の実施により、ROICを改善していく計画となっている。

具体的なROIC改善策としては、1)原価低減(製造コストの低い東台、常山工場への主要事業部門の生産シフト)、2)運転資本低減(全社で在庫10%削減)、3)生産効率化(全社的な自動化推進)を遂行していく。

7. 非財務面での体質改善
また同社では、以上のような財務的な成長だけでなく、定性的(非財務的)な活動であるESGや働き方改革なども積極的に進めている。以下のような具体的な活動を行っている。

(1) 「奨学金制度」
米国アナハイム大学、中国浙江大学への奨学金制度を実施。グローバルに若い人材を支援する社会貢献に取り組んでいる。

(2) 「地域社会貢献」
子会社アサヒ製作所 湘南工場周辺で清掃や自治会との交流を実施。地域住民との交流、環境改善に貢献している。

(3) 「人材育成」
毎月グループ若手社員と経営トップとの語らいを実施、経営理念の継承、長期的な人材育成を行っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below