July 10, 2019 / 6:51 AM / 9 days ago

リソル Research Memo(9):同社業績見通しは利益水準面でやや保守的な印象


*15:49JST リソル Research Memo(9):同社業績見通しは利益水準面でやや保守的な印象
■業績動向

2. 2020年3月期の業績見通し
2020年3月期の業績見通しについて、リソルホールディングス5261は売上高21,500百万円(前期比2.6%増)、営業利益1,000百万円(同30.3%増)、経常利益1,900百万円(同22.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,450百万円(同1.8%増)を見込んでいる。海外経済の減速や消費税増税の影響など先行き不透明な事業環境のなか、新たな柱となる事業や新しい施設の開業、新しいマーケットの開拓など、将来の収益源となる成長投資を進め、収益基盤を強化していく方針である。なかでも主力のホテル運営事業では“ホテルリソル”ブランドの躍進が続く。2019年3月期にオープンした同ブランドは計3施設、新シリーズの“ホテルリソルキャビン”のほか、さらに新しい滞在スタイルを提案するホテルも展開する準備を進めている。2020年3月期においては4月に“ホテルリソル”ブランドが秋葉原(東京都)と横浜(神奈川県)で既にグランドオープンし、同ブランドの新規ホテルがほぼ1年を通して稼働することになるため、前期にオープンした京都3施設とともに収益に大きく貢献していくことが期待される。

事業別営業利益については、ホテル運営事業とゴルフ運営事業では、各施設に合わせたきめ細かい施策による集客や生産性改善が見込まれ、新施設の貢献が大きいホテル運営事業は大幅増益、ゴルフ運営事業も微増益が予想される。CCRC事業は「RE-BORN計画」に伴う各施設のリニューアルオープンと収益貢献が2021年3月期以降となるものと見られ、営業利益は横ばい圏と予想される。福利厚生事業は黒字化が定着してきたことから、メニュー拡大による利用者増で小幅な増益と予想される。再生エネルギー事業は2019年3月期に生じた売却利益と同等程度の利益は想定せず、福島県の太陽光発電事業における売電も期末から貢献し始めることになるため、一旦減益となることが予想される。不動産関連事業では引き続き投資再生ビジネスにおける資産の入替えが見込まれ、資産売却益は場合により営業外収益への計上となり得る。このように各事業の予想を積上げると、同社の業績見通しは利益水準の面でやや保守的な印象が強い。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below