August 28, 2019 / 6:41 AM / 20 days ago

ブリッジ Research Memo(6):2019年12月期予想は据え置き、第3四半期で成長投資を計画


*15:36JST ブリッジ Research Memo(6):2019年12月期予想は据え置き、第3四半期で成長投資を計画
■今後の見通し

● 2019年12月期業績見通し
ブリッジインターナショナル7039の2019年12月期の業績予想については、売上高3,292百万円(前期比13.0%増)、営業利益363百万円(同4.4%増)、経常利益342百万円(同3.4%増)、当期純利益228百万円(同4.5%増)とする期初計画を据え置いている。第2四半期累計期間において順調な進捗であるが、インサイドセールスは電話や e-メールなどを活用した法人営業の仕組みで、営業改革や働き方改革の動向を反映し、急速に市場が拡大していることから、第3四半期においてインサイドセールスアウトソーシングサービスにおける採用強化のために東京都新宿区の「西新宿」及び神奈川県横浜市の「みなとみらい」に新オフィス2拠点を設置する成長投資に伴う費用の増加を見込んでいる。

なお、サービス別売上高については、インサイドセールスアウトソーシングサービスは、引き続き、堅調な拡大を予想。また、幅広い顧客向けに内製化支援のサービス提供体制が構築されたことにより、コンサルティング・システムソリューションの両サービスとも増収を予想している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below