August 28, 2019 / 6:11 AM / 19 days ago

TKP Research Memo(7):ハイグレード施設への積極出店のほか、日本リージャスとの共同出店にも大きな成果


*15:07JST TKP Research Memo(7):ハイグレード施設への積極出店のほか、日本リージャスとの共同出店にも大きな成果
■主な活動実績

1. 高付加価値グレード施設の積極的な出店
高品質及び高機能のグレードを求める需要が高まるなかで、料飲等売上を伴う高付加価値グレード(上位3グレード)の拠点増強に積極的に取り組んだ。具体的には、「TKPガーデンシティPREMIUM池袋」※や「TKPガーデンシティPREMIUM広島駅北口」、ティーケーピー3479最大となる78室(5,712席)を有する「TKP新橋カンファレンスセンター新館」などを開業した。また、2019年7月には、福岡市天神の複合大型ビル「西日本新聞会館」内に日本リージャスとの全国初の共同出店を実現。会議室エリアは「TKPガーデンシティPREMIUM天神スカイホール」(全5室・627席・契約面積1,672.30平方メートル)、オフィスエリアは「リージャス福岡天神スカイホールセンター(仮称)」(契約面積727.57平方メートル)とし、2019年9月1日より順次開業する予定である。両エリアの受付や事務所等の運営機能を共有することで、顧客サービスの向上を図ると同時にスペースの有効活用にもつなげていく方針である。共同出店によるシナジー創出のモデルケースとしてその動向が注目される。

※西武鉄道(株)グループが開発中の最新鋭大型オフィスビル「ダイヤゲート池袋」(西武鉄道の旧本社ビル跡地)内に出店。


2. 宿泊研修施設の拡充及びホテル開発の進捗
アパホテルについては、関西エリアへのホテル初出店となる「アパホテル〈大阪梅田〉」(全162室)を開業した(2019年5月)。隣地にあるカンファレンス施設「TKPガーデンシティ大阪梅田」と合わせ、会議と宿泊をセットして推進できるところに特徴があり、主に宿泊研修や出張等のビジネス需要をターゲットにしていく。また、2020年2月期以降の開業に向けてアパホテル3拠点※が開発中であるため、すべて完成すると全国に10拠点を運営するアパホテル最大のフランチャイジーとなる見通しである。

※博多東比恵駅前(2020年2月開業予定)、福岡天神西(2020年5月開業予定)、上野広小路(2020年7月開業予定)の3拠点を開発中。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below