October 18, 2019 / 6:10 AM / a month ago

ハイパー Research Memo(3):Windows7サポート終了の特需発生


*15:03JST ハイパー Research Memo(3):Windows7サポート終了の特需発生
■ヒストリカルな収益動向

設立以来、ハイパー3054は着実に成長を続けてきた。しかし、おおむね30年に達する社歴の中で、異常値と言える決算を2回経験した。1回目は世界が金融恐慌に陥ったリーマンショックのときだが、ビジネスニーズは日々発生しており、小口・低価格・即納という同社の特徴が恐慌に対して強みを発揮したため、傷口は比較的浅かったと言える。2回目は2014年4月のWindows XPのサポート終了に伴う特需の発生とその反動減である。Windows XPの後継システムが販売されているにもかかわらず、サポート終了ぎりぎりまでXPを使用していた法人が多く、2013年−2014年で大きく需要が伸び、そして反動の影響が2016年まで続いた。特需がなければ業績は順調に推移していたと言うことができるものの、このときは2期連続の営業減益となった。2017年12月期から業績は回復、セキュリティ製品中心にストックビジネスも伸びてきたが、2020年1月にWindows7のサポートが終了することになった。足元、サポート終了へ向けて再び特需が発生しつつあり、3回目のイレギュラー決算になるかもしれないと懸念されている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)



《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below