October 28, 2019 / 1:53 AM / 20 days ago

J-オイルミルズ---油脂中酸化物の分析の新たな手法を確立、研究成果が学術誌に掲載


*10:47JST J-オイルミルズ---油脂中酸化物の分析の新たな手法を確立、研究成果が学術誌に掲載
J-オイルミルズ2613は25日、東北大学農学研究科と共同で取り組んでいる油脂中の酸化物の分析について、新たな手法を確立することに成功し、その研究成果が、学術誌「Food Chemistry」に掲載されたことを発表。

今回の研究では、油脂に含まれる代表的な抗酸化物質であるトコフェロール(ビタミンE)が酸化されて生成する、ごく微量なトコフェロールヒドロペルオキシドおよびトコフェリルキノンの分析を、タンデム四重極型質量分析計を用いて確立することに成功。本研究により、これまで詳細に把握できていなかった油脂中の抗酸化物質の挙動が把握できるようになり、脂質の酸化の理解ならびに制御に重要な知見であるとしている。

同社は2019年4月から2022年3月まで、東北大学大学院農学研究科と食用油の酸化に関する共同研究講座を開講。本取り組みにより、これまで見出されていなかった油脂の活用手法および新技術開発の提供を可能にすることで、さらなる油脂資源の有益利用に貢献していくとしている。


《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below