November 29, 2019 / 6:09 AM / 13 days ago

GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業が収益の2本柱


*15:02JST GセブンHD Research Memo(2):オートバックス・車関連事業と業務スーパー・こだわり食品事業が収益の2本柱
■事業概要

G-7ホールディングス7508の事業は、オートバックス・車関連事業、業務スーパー・こだわり食品事業、その他事業の3つの事業セグメントで構成されている。2019年3月期の事業別売上高構成比を見ると、オートバックス・車関連事業で31.0%、業務スーパー・こだわり食品事業で65.3%となり、また、利益ベースでもそれぞれ39.7%、59.5%を占め両事業で全体の90%以上となっている。

1. オートバックス・車関連事業
オートバックス・車関連事業は、「オートバックス」のフランチャイジーでカー用品販売、メンテナンスなどを展開する(株)G-7・オート・サービスと、バイク用品の販売・メンテナンスを展開する(株)G-7バイクワールドのほか、マレーシア、タイで展開する車関連事業、(株)G-7.Crown Tradingで展開する自動車輸出販売事業で構成されている。

売上高の8~9割はオートバックス関連で占められ、2019年9月末時点のオートバックス関連の店舗数は国内73店舗(オートバックス66店舗、オートバックスエクスプレス7店舗)、マレーシア2店舗(オートバックス2店舗)で、オートバックスグループ(国内586店舗、海外46店舗)の中では最大規模のフランチャイジーとなっている。出店エリアは兵庫県、京都府、福井県、岡山県、広島県、千葉県、茨城県となり、なかでも兵庫県には39店舗と全体の6割弱を出店している。従業員1人当たりの生産性や粗利益率、在庫回転率などを重視した店舗運営を徹底しており、オートバックスグループの中では、もっとも高い収益性を維持している。その他、車関連としては独自展開として、洗車・コーティング専門店のクリスタルセブン2店舗、タイヤ専門館1店舗、BPセンター(鈑金・塗装)7店舗、新車・中古車買取販売のスズキカーズ大阪1店舗などを展開している。

「バイクワールド」は、2019年9月末時点で国内12店舗、マレーシア2店舗、タイ1店舗の合計15店舗展開しており、また、2017年に子会社化したG-7.Crown Tradingは東南アジアを中心に自動車の輸出販売を行っている。売上構成比はそれぞれ1割弱となる。

2. 業務スーパー・こだわり食品事業
業務スーパー・こだわり食品事業は、「業務スーパー」のフランチャイジー展開をする(株)G-7スーパーマートと精肉小売事業を主に展開する(株)G-7ミートテラバヤシ、食品・飲食店事業を展開する(株)G7ジャパンフードサービスの事業で構成されている。

売上高の8割を占めるG-7スーパーマートは、「業務スーパー」のメガフランチャイジーで、2019年9月末時点の店舗数は139店舗と業務スーパーグループ(840店舗)の中で最大規模となっている。出店エリアは関東、中部、関西、九州、北海道地域となる。

売上高の1割強を占めるG-7ミートテラバヤシは、精肉小売店「テラバヤシ」を2019年9月末時点で105店舗出店している。店舗の約9割は「業務スーパー」及び「めぐみの郷」のテナントとして出店しており、残りは百貨店やショッピングモール等に出店している。

売上高の1割弱を占めるG7ジャパンフードサービスは、各地方の名産品や特産品を発掘し、「こだわり食品」として百貨店などに卸販売しているほか、食品のPB商品開発、製造販売、ネット通販事業を行っている。また、レストラン事業やスイーツ事業にも展開している(レストラン、スイーツ事業はその他事業セグメントに計上)。

3. その他事業
その他事業は、農産物直販所「めぐみの郷」を運営する(株)G7アグリジャパンのほか、不動産、ダイソー、リユースショップ、フィットネスクラブ、ゴルフスクールなど複数の事業を展開する(株)G7リテールジャパンに加えて、レストラン事業やスイーツ事業、コインランドリーサービス事業、海外事業(オートバックス・バイクワールド事業を除く)などが含まれている。

「めぐみの郷」については、2019年9月末時点で24店舗を関西圏、首都圏に出店している。販売方法は2018年4月より買取販売方式から委託販売方式(販売額の約2割を手数料収入として売上計上)に切り替えている。

コインランドリーサービス事業では「マンマチャオ」((株)エムアイエス)をオートバックス店舗敷地内に出店しており、2019年9月末時点で5店舗となっている。また、レストラン事業では2019年3月期より「いきなり!ステーキ」((株)ペッパーフードサービス)を開始し、ロードサイド型店舗のスタイルで8店舗を出店している。スイーツ事業ではたい焼き専門店「やまや本舗」((株)やまや鯛焼き本舗)を3店舗、シュークリーム専門店、カスタードアップルパイ専門店を各1店舗出店している。チーズタルト「BAKE CHEESE TART」((株)BAKE)については2019年9月末で2店舗を出店しているが、2020年3月期中に撤退する予定となっている。その他、女性専用健康体操教室「カーブス」((株)カーブスジャパン)を20店舗、ゴルフレッスンスクール「ステップゴルフ」(ステップゴルフ(株))を3店舗、リユースショップを5店舗(メガリサイクル王国1店舗、リユース王国1店舗、良品買館2店舗、キングラム1店舗)、100円ショップ「ダイソー」((株)大創産業)を2店舗それぞれ出店しており、幅広い分野に事業を展開している。

なお、海外事業(オートバックス・バイクワールド事業を除く)については、台湾で「いきなり!ステーキ」を1店舗出店しており、ミャンマーで小規模ながら運営していたアグリ事業(農園運営)やカンボジアでの自動車販売事業については撤退している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below