November 29, 2019 / 6:09 AM / 10 days ago

GセブンHD Research Memo(4):「オートバックス」「業務スーパー」事業がそろって過去最高業績を更新


*15:04JST GセブンHD Research Memo(4):「オートバックス」「業務スーパー」事業がそろって過去最高業績を更新
■G-7ホールディングス7508の業績動向

2. 事業セグメント別動向
(1) オートバックス・車関連事業
オートバックス・車関連事業の売上高は前年同期比8.6%増の18,882百万円、営業利益は同216.9%増の1,087百万円となった。このうち、国内の「オートバックス」を中心に事業展開するG-7・オート・サービスの売上高は前年同期比10.1%増、経常利益は同255.0%増と大幅増収増益となり、半期ベースで過去最高業績を更新した。2020年3月期第2四半期累計期間における新規出店及び退店はなく、第2四半期末の店舗数は73店舗(前年同期末比1店舗減)となっている。

「オートバックス」の既存店売上高(国内)は前年同期比12.0%増となり、オートバックスグループ(国内既存店)の増収率11.4%増を若干上回るなど、グループ全体を上回る伸びを達成した。主要カテゴリー別の売上動向を見ると、タイヤが前年同期比20.1%増、カーAVが同28.4%増と大きく伸長した。タイヤ販売は10月からの値上げ告知や消費増税前の駆け込み需要により、9月の売上が前年同月比5倍増と急増した。また、カーAVは安全運転意識の高まりや煽り運転事件の影響もあって、バックカメラ付きドライブレコーダーの販売が好調に推移し、増収要因となった。そのほか、消耗品であるオイルが同4.2%増、バッテリーが同4.5%増と堅調に推移したほか、付加価値の高いサービス部門(車検・整備)も店舗での接客力向上に努めたこと等により同9.8%増となるなどすべてのカテゴリーが増収となった。利益面では、採算の良いタイヤ販売やサービス部門が好調だったことが大幅増益要因となった。

2019年3月期に黒字転換したG-7バイクワールドは若干の増収増益となった。国内バイク市場の低迷が続くなか、商品ラインナップの売れ筋商品への絞り込みによる粗利益率の改善や経費コントロールに継続して取り組んでいることが奏効している。「バイクワールド」の店舗数は12店舗と前年同期末比横ばいで推移している。

海外店舗については、マレーシアで「オートバックス」(2店舗)及び「バイクワールド」(2店舗)、タイで「バイクワールド」(1店舗)を展開している。まだ全体の業績に与える影響は軽微だが、売上規模は着実に拡大しており、マレーシアは前年同期比2.2%増、タイは同10%増だった。利益面では、マレーシアの「バイクワールド」2店舗が既に黒字化しているが、「オートバックス」やタイの「バイクワールド」についてはまだ赤字となっている。また、G-7.Crown Tradingについては減収減益となった。主な輸出先であったマレーシア向けが2018年の政権交代以降、輸入規制が導入されたことにより落ち込みが続いているほか、仕入チャネルが減少したことも減収要因となっている。

(2) 業務スーパー・こだわり食品事業
業務スーパー・こだわり食品事業の売上高は前年同期比8.8%増の42,920百万円、営業利益は同25.3%増の1,823百万円となった。主力の「業務スーパー」を展開するG-7スーパーマートの売上高が前年同期比10.5%増、経常利益が同26.0%増と半期ベースで過去最高を連続更新し、収益拡大のけん引役となった。「業務スーパー」の出店状況は東京都、神奈川県に各1店舗を新規出店し、2020年3月期第2四半期末における店舗数は139店舗(前年同期末比3店舗増)となっている。通期の新規出店計画11店舗に対して、出店ペースがやや遅れ気味となっているものの、既存店舗の売上高がタピオカブーム等による客数増もあって前年同期比9.6%増と好調に推移した。店舗当たり収益率も増収効果に加えて廃棄ロスの削減や経費コントロールに取り組んだことで向上した。

また、精肉販売のG-7ミートテラバヤシも売上高で前年同期比6.1%増、経常利益で同31.9%増と好調に推移した。「テラバヤシ」の出店状況は福島県、東京都に各1店舗出店し(うち、東京都は業務スーパーと同時出店)、2020年3月期第2四半期末における店舗数は105店舗(前年同期末比2店舗増)となった。精肉需要の拡大と「業務スーパー」との同時出店効果が利益率の上昇要因となっている。一方、G7ジャパンフードサービスのうち、食品加工、卸売事業は減収減益に転じた。こだわり食品の販売減少が主因となっている。

(3) その他事業
その他事業の売上高は前年同期比6.2%増の2,458百万円、営業利益は同3.3%減の35百万円となった。農産物直売所「めぐみの郷」を運営するG7アグリジャパンは前年同期に自然災害等により高騰していた野菜価格が落ち着きを取り戻したこと等から減収となったものの、不採算店舗の収益改善等により増益となった。「めぐみの郷」の出店状況は、大阪府に4店舗、東京都に1店舗を新規出店し、2020年3月期第2四半期末の店舗数は24店舗(前年同期末比3店舗増)となった。

また、レストラン事業では、2019年3月期から開始したステーキチェーン店「いきなり!ステーキ」を大阪府に2店舗出店し、2020年3月期第2四半期末で8店舗(前年同期末比6店舗増)となっている。店舗ごとに集客力にばらつきがあるものの、月次ベースで黒字化する店舗も出ている。一方、スイーツ事業については新規出店がなく、チーズタルト「BAKE」を1店舗退店した。

「良品買館」((株)ベストバイ)「メガリサイクル王国」「リユース王国」の3ブランドで展開するリユース事業は、収益低迷が続いている。このため、新業態として貴金属やブランド品等のリサイクルショップ「キングラム」(ベストバイ)を新たに兵庫県に1店舗出店した。良質なリユース品を「キングラム」で仕入れ、「良品買館」等に卸すことでリユース事業全体の売上の底上げを図り、黒字化を目指していく。リユースショップの店舗数は「キングラム」を含めて5店舗となる。

コインランドリーサービス事業の「マンマチャオ」は、店舗数が5店舗と横ばいで推移しており、2店舗が黒字、2店舗が収支均衡、1店舗が赤字と徐々に良化してきており、今後、減価償却費の減少が進むにつれてすべての店舗で黒字化が見込まれる。衣服類だけでなく布団や絨毯など自宅では洗濯しづらいものも洗濯・乾燥できることが好評を得ている。一方、女性向け健康体操教室「カーブス」は健康志向の高まりを背景に会員入会数が伸びており、店舗数も20店舗(前年同期末比2店舗増)に拡大した。海外事業(アグリ事業、飲食店事業)は、ミャンマーのアグリ事業やカンボジアの自動車販売事業を撤退し、現在は、台湾に出店した「いきなり!ステーキ」1店舗のみとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《MH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below