November 29, 2019 / 6:19 AM / 16 days ago

NSW Research Memo(3):技術シナジーを生かしたIoTとAIでイノベーティブな未来を創出


*15:13JST NSW Research Memo(3):技術シナジーを生かしたIoTとAIでイノベーティブな未来を創出
■事業概要

1. 日本システムウエア9739の強み
同社グループは、ITソリューション、サービスソリューション、プロダクトソリューションの3つのソリューション事業を展開し、その技術シナジーを生かしたIoTとAIでイノベーティブな未来の創出を目指している。ソフトウェアとハードウェア、両方の技術ノウハウを兼ね備えている点が大きな強みである。

ITソリューション事業で培った各産業分野の業種・業務ノウハウの蓄積とシステム構築力、サービスソリューション事業のサービス・コーディネート力及びクラウド環境などのインフラ・プラットフォームの提供基盤、プロダクトソリューション事業における組込みソフトやLSI設計などの製品開発力並びに画像処理などの技術開発力などを有し、それらの技術シナジーを生かしたIoTとAIを軸に顧客が求めるDX(デジタル変革)実現を支援できるバックボーンがあることが同社の強みであり、これらを生かして今後の成長路線につなげていく方針である。

2. 事業内容
2020年3月期第2四半期累計のセグメント別売上高・営業利益を見ると、ITソリューションセグメントが売上高の34.9%、営業利益の39.2%を、サービスソリューションセグメントが売上高の25.9%、営業利益の14.8%、プロダクトソリューションセグメントが売上高の39.2%、営業利益の47.0%を占める。プロダクトソリューションセグメントの利益率が相対的に高いのは、技術的な参入障壁が高く、独立系の同社規模で同事業を手掛ける企業が少ないためと考えられる。一方、ITソリューションセグメントとサービスソリューションセグメントの利益率が相対的に低いのは、景気の影響を最小限に抑えるため、特定の業種・業務への依存度を低くし、多業種・業務にわたり事業を手掛けていることが影響しているようだ。ただ、ITソリューションセグメントでは、大型案件を中心とした収益性の改善に加えて、パッケージ案件の拡販が進み、従来に比べて利益率が高くなっている。また、サービスソリューションセグメントも、新事業が軌道に乗り始め、利益率が上昇している。

ITソリューションセグメントは、業務系ソリューションを提供し、ビジネスソリューション、金融・公共ソリューション、システム機器販売などの事業で構成される。製造業、流通業、金融・保険業、官公庁向けなど長年にわたり培った業務ノウハウで、コンサルティングからシステム設計、開発、保守・運用に至るまで、顧客に最適なソリューションを提供している。

サービスソリューションセグメントは、従来はITソリューションセグメントに含まれていたが、現中期経営計画のスタートにあわせて独立のセグメントとなった。事業内容はITサービスの提供であり、デジタルソリューション、クラウド・ソリューションなどの事業で構成される。顧客の運用負荷の軽減を支援しシステムの性能を最大限に引き出す運用設計からインフラ構築、運用管理、保守サービスのほか、自社データセンターによるハウジングサービス(同社が顧客からサーバー、すなわちサービスを提供するコンピュータを預かるサービス)やホスティングサービス(同社が用意したサーバーを顧客に貸し出すサービス)、クラウドサービス(データやソフトウェアをネットワーク経由で利用者に提供するサービス)などを提供しており、顧客のシステムを多彩なサービスで支えている。

プロダクトソリューションセグメントは、電子機器などに搭載される組込みシステム開発やLSI・FPGA開発を行い、組込み開発、デバイス開発などの事業で構成される。組込みシステム開発では、オートモーティブ、産業分野など、様々な製品開発で培ったアプリからミドルウエア、ドライバ開発の組込み技術で製品の多様化や効率化、高品質設計に対応。スマート化に向けた各種ソリューションを提供する。また、LSI・FPGA開発では、画像処理や通信関連などのLSI(LargeScale Integration:大規模集積回路。多数のトランジスタやダイオード、抵抗、コンデンサなどの電子部品を1 つの半導体チップに組み込んだ集積回路)設計やボード設計(電子回路基板の設計)を行っており、高位設計、論理設計・検証、論理合成、レイアウト設計、製造からテストまで、要件に応じてソリューションを提供する。各分野で低消費電力設計、先端プロセスに対応している。

IoT&AIソリューションは、3つの既存セグメントのノウハウ融合によって、新たな収益の柱への期待が大きい。2013年からスタートした新しい分野で、まだ独立したセグメントとして収益を計上するには至っておらず、現状は既存セグメントの収益に含まれており、IoT&AIサービスとエッジデバイスソリューションの事業を行っている。IoT&AIサービスでは、デバイスからクラウドまでトータルコーディネートできる強みを生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」をベースにデータの蓄積から分析・活用まで、顧客の新たなビジネス価値の創出をサポートする。また、エッジデバイスソリューションでは、自社で組込みアプリからLSIまで対応できる豊富な設計・開発力と、各種センサー・デバイスベンダーとのアライアンスにより、コストを抑えたスモールスタートで顧客に最適なIoT環境を提案している。同社グループは、新中期経営計画において、これらIoT&AIソリューションをベースとした新サービスの展開を図り、DX事業の拡大に取り組んでいくとしている。

Toamiは市場での認知度が年々上がり、「製品のIoT化」を中心に、累計100社以上の顧客が導入したほか、アライアンスパートナーも30社以上に拡大し、世界30ヶ国以上で展開している。直近では、IoTで収集したデータをより有効に活用するための分析サービスなど、関連サービスの引き合いも増加している。Toamiの導入事例としては、ノーリツ5943では2015年より業務用ガス給湯器の遠隔監視システムにToamiを活用しているが、2018年9月には家庭用給湯器に対象を広げ、浴室事故の低減と利便性向上を図っている。給湯器リモコンやスマートフォンアプリのデータをリアルタイムに集約することにより、「浴室内の見まもり」と、外出先からの「浴槽のお湯はり」などの遠隔操作が可能になった。また、堀場製作所6856では2016年より医療用機器向け総合保守サービス支援システムに採用されており、商用サービス提供が開始されている。医療機器を24時間監視し、トラブル情報を共有し、適切な判断やサポート対応を実現するもので、これまで担当者のスキルに依存していたトラブル対応の課題を解決すると共に、様々な収集データに基づいた製品の品質管理と改善に貢献している。その他、田淵電機(株)、パナソニック6752、(株)メンテック、長洲産業(株)、(株)沖電システムなどの各社でもToamiが活用されている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below