December 2, 2019 / 10:21 PM / 6 days ago

前日に動いた銘柄 part1 レカム、阿波製紙、内田洋行など


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 レカム、阿波製紙、内田洋行など
銘柄名<コード>2日終値⇒前日比
リアルワールド3691 666 +29
子会社が店舗向けSNSマーケティング支援サービスを提供開始と。

ブリッジインターナショナル7039 1428 +91
インサイドセールス事業好調で通期営業利益を上方修正。

レカム3323 143 +6
AIを活用した業務内容を視える化するサービスの販売開始。

阿波製紙3896 618 +100
引き続きセルロースナノファイバーの採用拡大期待。

内田洋行8057 5240 +705
第1四半期営業利益は通期計画を超過へ。

大研医器7775 630 +100
いちよし証券ではレーティングを引き上げている。

ダブル・スコープ6619 833 +76
子会社が転換社債で資金調達と発表する。

エイチワン5989 845 +96
中国で合弁事業を展開と発表する。

星光PMC4963 1072 +66
阿波製紙の上昇でセルロースナノファイバー関連として物色波及。

ベクトル6058 1139 +68
10月の高値水準更新して買い戻しも優勢か。

アダストリア2685 2536 +83
JPモルガン証券では投資判断を格上げしている。

大真空6962 1649 +133
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では買い推奨に格上げ。

日本電波工業6779 668 +56
大真空との連動高の展開が続く。

ジーエス・ユアサ コーポレーション6674 2304 +89
TIWでは投資判断を格上げしている。

日本M&Aセンター2127 3750 +105
事業再編や業界再編の流れが足元では強まっており。

トリケミカル研究所4369 7800 -850
8-10月期の収益成長率鈍化をマイナス視。

ファルテック7215 1260 -105
先週末の大陰線受けて過熱警戒感からの処分売り優勢。

廣済堂7868 880 -62
需給思惑で上昇してきた反動強まる。

LIFULL2120 555 -41
リバウンド一服感で戻り売りが優勢に。

日本通信9424 220 -17
東証では日々公表銘柄に指定。

池田泉州ホールディングス8714 203 -7
商いの膨らんだ直近高値水準では戻り売り圧力。





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below