January 14, 2020 / 6:35 AM / in 7 months

TDCソフト Research Memo(2):デジタル技術の新たな潮流に対応、次世代型SI事業へと進化


*15:32JST TDCソフト Research Memo(2):デジタル技術の新たな潮流に対応、次世代型SI事業へと進化
■会社概要

TDCソフト4687は、金融業界のITソリューションに強みを持つ、独立系システムインテグレータである。銀行、クレジット、保険などの金融ITソリューションが売上の5割強を占める。その他は、製造業や流通、公共向けの公共法人ITソリューションが2割を占めている。また業種や顧客を問わずITインフラ構築やネットワークインテグレーションなどを提供するインフラ・ネットワークソリューションが1割を占める。2016年には生保業向けシステム開発に強みのある(株)マイソフト(現TDCフューテック(株))を子会社化し、更なる拡大を図る。またパッケージソフトウェアも販売しており、クラウド型のシステム開発ツール「Trustpro」や、ストレスチェック支援ソリューション「M-Check+」やクラウド型EDIサービス「Meeepa」、クラウド型ワークフローシステム「Styleflow」などの自社製品や、インフォマティカ社の「PowerCenter」、NTTアドバンステクノロジ(株)の「WinActor」など他社ソフトの導入も行う。PMP(プロジェクトマネジメントに関する知識や理解度を測ることを目的とした、米国非営利団体PMIが認定する資格試験)取得を社員に推奨しており、確かなプロジェクトマネジメント能力における信頼性が強みである。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 村瀬智一)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below