January 19, 2020 / 11:25 PM / 2 months ago

ネクシィーズG Research Memo(4):「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」は11拠点530名の営業部隊が強み(2)


*08:24JST ネクシィーズG Research Memo(4):「ネクシィーズ・ゼロシリーズ」は11拠点530名の営業部隊が強み(2)
■ネクシィーズグループ4346の事業概要

2. 電子メディア事業:ブランジスタの電子雑誌サービス
電子メディア事業は、子会社のブランジスタが2007年にスタートさせた電子雑誌事業がメインである。電子雑誌は、情報閲覧はもちろん、動画視聴や検索、予約・購入までができる、雑誌とインターネットの長所を融合したクロスメディアである。現在、創刊13年目を迎えた主力の旅行電子雑誌「旅色」を始めとして22誌が刊行され、「旅色」は月間240万人以上の読者に無料で視聴されている。長年の芸能プロダクションとのネットワークにより、雑誌の表紙に有名人気俳優を起用できるのも同社の優位性だ。自社で企画・制作・営業機能を持つ国内No.1の電子雑誌出版社である。

主力雑誌である「旅色」はメディアとしての価値の評価が高く、様々な別冊が発刊されており、ブランジスタが注力する媒体である。台湾版「旅色」や英語版「旅色」は訪日外国人向けのメディアとして、様々なサイトやSNSとつながり存在感がある。また、全国の自治体と「旅色」のタイアップも好調で、2019年9月期には、福島県会津若松市、広島県尾道市など19の自治体とタイアップ誌を発刊し、自治体のPRに貢献した。今後も全国の自治体へのタイアップ営業を加速する戦略だ。

ビジネスモデルは、以下の3パターンからなる。
(1) 広告掲載料を飲食店やホテルなどからもらう。
(2) 制作したコンテンツを企業に納品して制作費をもらう。
(3) その両方の収入を得る。

掲載施設は5,500施設に上るが、電子雑誌は紙の雑誌と異なり、ページ数の制限がないため、広告掲載においても上限がない。広告掲載数は年々増加しており、継続率が高く、ストック型の事業特性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below