January 29, 2020 / 7:17 AM / 19 days ago

城南進研 Research Memo(4):「クボタメソッド」を展開するリトルランドの子会社化で「ワン・くぼた」を実現


*16:14JST 城南進研 Research Memo(4):「クボタメソッド」を展開するリトルランドの子会社化で「ワン・くぼた」を実現
■事業部門別動向

4.「くぼたのうけん」
「くぼたのうけん」の2020年3月期第2四半期累計売上高は前年同期比1百万円増加の69百万円となった。

2020年3月期第2四半期末の直営教室は前年同期末比1教室増、前期末比横ばいの7教室となっており、横ばい水準にとどまったが、2018年3月期より本格展開を開始したソリューション事業(「くぼたのうけん」の教育ノウハウを外部の教育機関(幼稚園、保育園等)に提供するサービス)で、新たに8園と契約(全25園)したことが増収要因となった。

ソリューション事業については、城南進学研究社4720と同様にくぼた式育脳法を「クボタメソッド」として展開してきたリトルランドを2019年1月に連結子会社化したことに加えて、メソッドを統合したことで「ワン・くぼた」を実現しており、今後の事業拡大を加速していく方針となっている。

5.グループ会社
同社は教育サービスの領域拡大による成長を推進するため、2013年以降、乳幼児・児童教育関連や英語教育関連、スポーツ関連の事業を行う企業を合わせて8社、子会社化している。

(1)乳幼児・児童教育関連
乳幼児・児童教育関連のうち、城南ナーサリーの売上高は前年同期比22.2%増の185百万円と2ケタ成長が続いた。千葉県を中心に「星のおうち」「あっとほーむママ」など認可保育園8園を運営している。2019年4月に城南ルミナ保育園とのシナジー効果も視野に入れ、「ルミナ保育園川崎」を開園しており、園児数の増加が増収要因となっている。

フェアリィ—の売上高は218百万円となった。埼玉県内で認可保育園「ふぇありぃ保育園」を運営している。2018年9月より連結化したため前年同期との比較はないものの、2018年9月の子会社化時点の運営施設数9園に対して2020年3月期は新たに2園開設し、11園となっており、園児数の増加により売上高も順調に伸びているものと見られる。なお、フェアリィーは保育士の研修・育成システムに優れたノウハウを持っており、高卒生の採用も行うなど、保育士が不足する市場環境において強みとなっている。今後、こうした研修・育成ノウハウをグループの各保育園に共有していく考えだ。

2019年1月に子会社化した(株)リトルランドは、前述したように「クボタメソッド」を開発し、0~5才児を対象に「クボタメソッド能力開発教室」を5教室(東京4教室、神奈川1教室)運営しているほか、全国のピアノ教室260ヶ所に「クボタメソッド」を販売しており、2020年3月期第2四半期累計の売上高は75百万円であった。

また、2019年9月に認可外保育園「サニーキッズ・インターナショナルアカデミー」(東京都世田谷区)を運営するCheer plus(株)を子会社化した。同園は、1~8才を対象としたプリスクール、アフタースクール、保育園となり、英語教室や知育などに優れたノウハウを持っており、これらノウハウをグループで共有していく方針となっている。英語連結売上高としては第3四半期以降に貢献してくるものと予想される。直近期(2019年6月期)の売上高は64百万円(前期比30百万円増)、営業利益は5百万円(同5百万円増)と園児数の増加とともに業績も増収増益が続いている。

なお、同社単独で展開する「くぼたのうけん」や「城南ルミナ保育園 立川」、「りんご塾 自由が丘校」(算数個別指導塾)、「放課後ホームステイ E-CAMP」など児童教育関連の売上高は前年同期比5.5%増の127百万円に増加し、グループ全体の売上高はM&A効果もあって同122.4%増の605百万円となった。連結売上高に占める比率も前年同期の7.8%から16.8%に上昇している。

(2)英語教育関連
英語教育関連では、児童英語教室「Zoo-Phonics Academy(ズー・フォニックス・アカデミー)」の直営・FC事業を展開する(株)ジー・イー・エヌの売上高が前年同期比3.9%減の177百万円となった。教室数はFC含めて前年同期比1教室減の19教室となっており、教室数並びに生徒数の減少が減収要因になったと見られる。なお、同社は管理業務の合理化と、事業運営の効率化及び拡大を推進していくことを目的に、2019年11月にジー・イー・エヌを吸収合併している。

TOEFL®等の留学試験対策専門予備校を運営する(株)リンゴ・エル・エル・シーの売上高は、前年同期比2.4%増の41百万円と若干の増収となったが、営業利益は子会社のなかで唯一、赤字となっている。とは言え、マサチューセッツ工科大学やハーバード大学等の著名大学への合格者を多数輩出するなど、カリキュラムや指導法には定評がある。同社は、大学入試改革への対策として、4技能(読む、聞く、話す、書く)対策教材(5 Codes English)を開発しており、今後、「城南予備校DUO」のオプションメニューの1つとして組み入れていく予定となっている。

2018年8月に子会社化した(株)アイベックは、企業向けビジネス英語研修、英会話スクールを運営しており、提供する「iBEC(アイベック)メソッド」は、「異文化知識」「語学知識」「ビジネス知識」「ロジカルシンキング」などを習得する独自メソッドで、グローバルビジネス環境に対応できるリーダーの養成を行っている。また、ケンブリッジ英検の「公認テストセンター」の受託も行っている。2020年3月期第2四半期累計の売上高は101百万円で、前年同期の比較はないものの堅調に推移していると見られる。

英語教育関連子会社の合計売上高では、M&A効果により前年同期比41.8%増の319百万円となり、連結売上構成比も前年同期の6.4%から8.8%に上昇した。英語教育に関しては4技能の学力向上に向けたニーズが今後より一層、拡大することが予想され、これらM&Aで子会社化した企業のノウハウをグループ間で共有していくことで、教育サービスの品質向上を進めていく方針となっている。

(3)スポーツ関連
スポーツ関連では久ケ原スポーツクラブの売上高が前年同期比5.7%増の187百万円と連続増収となった。前述したように、2018年から導入したWEB学習システム「デキタス」の受講者数も前年同期比で約2倍増の400名を突破し、定着率の向上に貢献している。そのほか、スポーツジムやバレエ教室、囲碁・茶道など、さまざまな分野のレッスンを提供し、総会員数が増加している。また、2019年3月期第2四半期から開始した学童保育事業については、定員の40名を満たすなど順調に推移している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《SF》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below